輸入原材料費の高騰により、さまざまなメーカーが実質的値上げに踏み切っている。価格にそのまま転嫁するとイメージが悪いので、内容量を減らして価格は据え置く。

この値上げに関しては、“円安”という、消費者が納得しやすい理由があるため、公に発表しているが、これまでも同じことは、黙ったまま繰り返し行われていた。

粉末だしの素が、パッケージデザインを変えずに、ほんの少しだけ箱を薄くしたことがあった。内容量を見ると、400gだったものが352gになっていた。

マーガリンも、450gあったものが400gになり、いまでは300gしかない。

豆腐もどんどん小さくなっている。

お菓子でも、11個入りだったものが、9個入りになっていたりする。

トイレットペーパーは、シングル60mが50mまで短くなったものもある。

消費者の知らないうちに、気づかないように、減量されているのである。

不景気で値上げできず、苦肉の策であることは理解できるが、後で気づくと非常にイメージが悪い。

「価格を抑えるためには仕方がない」とは見てくれない。「セコい!」と感じるだけである。「セコい会社」になってしまうと、ファンは逃げてしまう。

内容量を減らしたことがセコいのではなく、黙ってやったことがセコいのである。堂々と言うべきではないか。

「経営環境が厳しい中、お求めやすい価格を維持するために、ほんの少し内容量を減らさせてください」と。

「そんなことを言うと、競合に負けてしまう」と思うかもしれないが、黙ってやることの方が、後々致命傷になるのではないか。

商品が良ければ、消費者はそう簡単には離れないものだ。馴染みの商品は利用し続けたいものだから。

好きでいてくれる消費者を欺いてはいけない。

スーパー「オーケー」の『オネスト(正直)カード』をご存知だろうか。

『只今販売しておりますグレープフルーツは、南アフリカ産で酸味が強い品種です。フロリダ産の美味しいグレープフルーツは12月に入荷予定です。』

『長雨の影響で、レタスの品質が普段に比べ悪く、値段も高騰しています。暫くの間、他の商品で代替されることをお薦めします。』

『本日販売しております西瓜は、日照不足のため糖度が不足しています。お差し支え無ければ、他の商品のご利用をお薦めします。』

このように、店の不利となることも正直に書いたカードを掲示しているのである。

すべてを正直に伝えることで、店への信頼度が非常に高くなり、常連さんで賑わう店となっている。

商売人は正直でなければならない。キレイごとではなく、それが本質なのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら