さまざまな理由で、大学を留年してしまう人がいます。京都大学のカウンセリングルームに書かれている学生への手引きのなかの「留年について」が、思いやりのある学生側に立った名文と話題になっています。

学生さんへ

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

高校生までは、留年(原級留置)は、全日制の普通科の高校であれば、たいていの学
校においては1パーセントにも満たない少数の生徒のことであろうかと思います。

 けれども、大学ではそうではありません。文部科学省の学校基本調査によれば、4年
学部を4年で卒業するのは、入学者のおおよそ8割弱です。超過して在籍せずに4年
で退
学したり、それ以前の学年ですでに退学している学生もいますので、残りの約2割
のすべ
てが5年目に突入するわけではないのですが、それでも高校の場合と比べれば桁
違いに多くの学生が既定の年限を超えて在籍します。留年も含めてとにかく卒業までこ
ぎ着ける人は、入学者のおおよそ9割です。

 
京都大学においても事情はほぼ同じです。ただし学部により留年の発生率はかなり違っており、入学定員の3割台に上る学部もあれば、1割台に留まる学部もあります。けれども、大学全体ではおおよそ2割の学生が留年しています。

 これだけの数の人が留年したり、退学したりするということは、留年や退学は、単に個人の失敗としてのみ捉えられるべきものではないということです。つまり、現在の日本の社会において大学というシステムは、一定数の留年や退学を生み出すようにできているものなのだということです。

 そこには、大学入学に至るまでの進路相談やキャリア教育の体制、大学の入試のあり方、カリキュラムのあり方、修学支援体制、転学科・転学部制度、編入学制度、大学での進路相談やキャリア教育の体制、企業の採用のあり方など、数多くの要因が多重に関与しています。そうした理解に立った上で、留年に取り組み、進路選択をしていきましょう。

(1)留年を家族や友人に隠そうとする
 
 恥ずかしいこと、不名誉なことと感じられるから、あるいは怒られると予想するから、などの理由で、しばしば留年の事実は家族に対して隠蔽されます。友人に対しても隠されます。そのことは、留年した学生を周囲から切り離し、孤立化させていきます。これはたいていの場合、心理的にも、社会的にも、重荷になります。誰にでも言うようなことではありませんが、人を選んで、自分の状況を打ち明けてみましょう。打ち明けてみたら、肩の荷が軽くなっているのに気がついたという人が多いです。

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

留年することは、やはり本人にとってとても辛いことであり失敗ととらえてしまいます。
なかなか人にその事実を伝えられずに、孤立化してしまう学生の心情を察しています。

(2)一挙に挽回しようとする
 
 留年すると、不足した単位を一挙に挽回しようとあせるあまり、たくさんの科目を登録するという履修パターンになりがちです。制度上の限界まで登録する人もしばしば見られます。けれども、多くの科目を履修するには、それだけ多くの学習が必要です。体力も能力精神力も必要です。あせって手を広げすぎた結果、どれも十分に集中して学習できず、結局、壊滅的な結果になる人を見かけます。1日2コマ、週に10科目ぐらいに絞り込んで登録し、受講する方が、結局は着実であることが多いのです。

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

あせってしまいたくさんの科目を履修しようとするよりも一つずつ確実に科目を取得することが着実なのだと教えてくれています。

(3)日々の楽しみを自分に与えない
 
 「留年している自分には日々の生活を楽しむ権利などない」と考えて、苦痛な勉強をすることだけに専念するような生活をしている人を見かけることがあります。そのように潤いのない生活を続けていると、いったい何のために勉強しているのか分からなくなってくるかもしれません。心から笑うとか、ちょっとした贅沢を味わうとか、がんばった自分にご褒美を与えるとか、留年して以来、そういった時間がほとんどないという人としばしば出会います。小さなことでもいいので、日々を楽しみましょう。

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

真面目でストイックになってしまう学生に、心の余裕はとても大切だと導いてくれます。

(4)卒業しなければ生きていけないと考える
 
 「卒業しなければ破滅だ」「卒業しなければ生きていけない」というような、極端な悲観的考えを固く抱いている人を見かけることがあります。しかし、後でも述べるようにストレートで卒業し、就職した人も3割ぐらいは3年以内に離職しているのです。留年、中退、退職などは、人生において多くの人が経験するごく普通の出来事です。こうした出来事に不寛容な社会は、チャレンジを抑制する社会であり、不健全な社会です。いつでもやり直しがきくような社会をみんなでともに作っていきましょう。それに、こうした極端な悲観的考えは、あせりをもたらし、かえって修学意欲を窒息させてしまうのではないでしょうか。

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

卒業ということにとらわれ過ぎて、人生そのものが終わってしまうと考えがちな学生に冷静に客観的に数字を示し応援してくれています。

(5)時期尚早に「来年からがんばろう」と考える

  まだあきらめるのは早いのに、まだ試験期間は終わっていないのに、「もう無理だ」「どうせ通らない」などと考え、そして「来年からがんばろう」と決心するということはないでしょうか。より小さなレベルでは、まだ授業は終わっていないのに「今日の授業は、もう遅刻だし、今さら行っても仕方がない。明日からがんばろう」と考えるということはないでしょうか。たとえ不完全でも、たとえ中途半端でも、たとえみっともなくても、とにかく今、行動することが大事です。それを避けて、早々と諦め、未来のいつか行動するための美しい計画を立てるというパターンに陥っていませんか。

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

不完全でも、中途半端でも、みっともなくても実行が大事という力強い後押しが元気を与えてくれます。

(6)自分は他の学生より明確に劣っていると考える
 
 白か黒かを割り切って考えるように、留年していない(と思われる)周りの学生と留年してしまった自分との間にシャープな境界線を引き、周りの学生は「優秀」で、自分は「劣等」だと考えてしまう人をよく見かけます。現実には、白と黒の間に多様なグレーが連続的に存在しているように、周りの学生と自分との間にもそれほど明確な境界線は存在しないのです。不安は人を二分法的な思考へと駆り立てます。それに加えて、孤立してしまうと、実は周りの学生の多くも実は講義内容をあまりよく分かっていないというような情報は入ってきにくくなります。そのことを理解してください。

出典 https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp

不安は人を二分法的な思考へと駆り立てる。まさにその通りです。孤立して益々悲観的になってしまう気持ちに、実は周囲のひとも同じなんだと気持ちを軽くさせてくれます。

大学についてですが3割ぐらいの人が留年や退学をするそうです。どこの大学でもです。
大学に入ると自由度が増すのと大学へ入るのが目的になってしまい講義を疎かにする人が多いのでそうなってしまうらしいですよ。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

3割ものひとが、ストレートで卒業できないのです。

高校までは留年もなく意気揚々と大学生活をスタートさせた学生たちも多いでしょう。人生初の試練ともいうべき留年という壁にぶち当たってしまった学生たちにこの京都大学の文章は、とても響くと思います。

京都大学という難関校に入学するのは大変です。そこにも触れ、期待してくれている親やお世話になってきた先生に申し訳ないという思いから、どうしても退学は口にできないと考えている人もいるかもしれません。
 続けるという選択を支えている根拠の大きな部分が、やめられないという理由にあるのなら、一度、やめるという選択肢を落ち着いて現実的に考えてみてはどうでしょうか。
とあえてやめる選択肢をも促しています。本当に親身になっているのです。

いろいろなアドバイスをした後に、みなさんの人生の時間は有限であり、貴重なものです。みなさんが有意義な決断をされることを願います。という文章があります。人生を幅でとらえ、大学というものの意味を改めて考えましょうと促す心優しい文章。社会人になった大人が学生へ送る素敵なプレゼントのような名文だと思います。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス