いざ、メーカーさん選び

 これは言うまでもなく重要です。全てはここにかかってくると考えても言い過ぎではあっても間違いではないでしょう。希望が叶うか妥協してしまうのか、どちらにしても返品はききません。

 実家の向いの奥さんが今年隣組(田舎に見られるごく狭い地域でのネットワークです)の組長をやっていて、近所の有志のじっちゃん達と火の用心的なことをして歩くそうです。道中で聞いたという話。
「お金持ちの爺ちゃんが家を建てるのに前金で払ったら途中でバックレられちゃったらしいよ」
 これは知り合いを介しての出来事だったらしいです。

出典ひさ

他の業者さん呼んで家は建ったそうな。
逞しいことです。

ここでも無知を発揮

偏見なのかもしれませんが大工さんて知り合いに頼むしかないと思っていたと申しますか、むしろ知り合いを介してるんだから安全だとわたしなら考えてしまいそうです。実際震災の数日後ガタガタになった床を名前も知らない顔見知りのおじさんに幾らか払って直して頂いたという我が家。おじさんの散歩中に母が呼び止め、思い付きで交渉したら快諾してくださったそうです。田舎パワー凄い。
 話を戻しますが、コネがないのであればテレビCМで見かけるようなハウスメーカーさんしか選びようがありません。(と思っていました)
↑ここまでお話を伺うまでの見解

相談カウンターがメーカーさんと引き合わせてくれる

これは助かります。名前を聞いたことのあるハウスメーカーさんだけでも数え切れないほどある中で、「知り合いが買ったら良かったと言っていた」と簡単に決められることではありません。
 例えば話が進むうちに理想とのズレが出て来てくることも、断りにくいと感じてしまうこともあるかもしれません。また断ってしまって次のメーカーさんを探すというのは時間が無駄になってしまう恐れが潜んでいます。

メーカーさんを絞り込む

 カウンター訪問の初日後半、目の前に広げられた資料には誰もが知っているという大手企業様から地域密着型まで二十社近くのハウスメーカーさんの名前が。
 ここから絞り込むために階数、広さ、地域など同じ条件で建てた場合の各社の・金額売りにしていること・担当している地域・基本のサービス及びオプション内容などを比較しながら説明を伺います。

わたしが着目したかったのは何よりもアフターサービス。
 
24時間365日面倒を見てくれとまでは言いませんが、いざトラブルが起こった時に「それ大家さんに言ってください」「週明けに業者さんに相談してみます」では困ってしまいます。※わたしの住んでいるマンションの管理会社さん参照
 賃貸とも違いますが万が一の不具合を考えると対応してくださるに越したことはありません。
 ハウスメーカーさんによっては基本料金に入っている施工も他社さんの場合ではオプション料金になったりします。また別の保険会社に加入、もちろん別料金といった場合もあり得ます。※わたしの住んでいるマンションの管理会社さん参照

出典ひさ

またも浮かび上がる問題点

 相談した場所が都内でないせいもあり、姉夫婦の住みたい場所と全メーカーさんの担当区域にややギャップがありました。
 そうなると都心にも他の店舗を持っている大手メーカーさんが気になって来ます。
「大手は高そう」という先入観もありつつ、手広くやっているだけに他の店舗の担当区域にも融通が利くかもしれないという希望を胸に。
 大手の有名メーカーさん二店、地域密着ということで我儘を聞いていただけそうということで担当者さん一押しのメーカーさん、わたしが仕事で直接やり取りしたことのあるメーカーさんを選び合計4社さんから直接お話を伺うことに決めました。

出典ひさ

田舎も悪くないですよ。

大手メーカーさんを選ぶ理由
とにかく手広さ。持っている都内の土地然り、まだ我々の気が付かない手札を持っていそうな期待値を込めて。 
地域密着メーカーさんに選ぶ理由 
 細かいことを相談できる、すぐに対応してくれる、連絡が取りやすく小回りが利くという点が魅力的です。

何よりも信頼性と言いたいところですが、お会いしてみないことには安心してお任せできるかは解りません。スタート地点がやっと遠くに見えて来たといった段階でした。

この記事を書いたユーザー

ひさ このユーザーの他の記事を見る

ルポライターを経て自宅警備員をしています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • ゲーム
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス