私達は日々の掃除や洗濯に当たり前のように漂白剤を使っています。
酸素系漂白剤は塩素系に比べ毒性が無く環境に優しく、洗濯槽の掃除や食器洗剤、衣料の漂白、除菌消臭等、幅広く使われる便利なものです。
酸素系漂白剤の主成分は過炭酸ナトリウムのものが多く、この成分が保管方法を間違えると厄介なことを引き起こすというのです。

※酸素系漂白剤でも他の成分のものもあります。

過炭酸ナトリウムが危険物に指定?

「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」が消防法上の第1類の危険物の性状を有する物質であり、かつ、一定の流通量があることが明らかとなり、当該物質を消防法上の第1類の危険物に追加することが適当であるとの結論を得ました。このことを踏まえ、政令を改正し、「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」を消防法上の第1類の危険物の品名に追加しました。当該物質は、主に漂白剤の原料に用いられています。この改正は、平成24年7月1日から施行されます。

出典 http://www.fdma.go.jp

炭酸ナトリウム過酸化水素添加物は別称を過炭酸ナトリウム、過炭酸ソーダといいます。商品のラベルには過炭酸塩と表記されているものもあります。

危険物とはどういうもの?

一体どうして危険物に指定されたのでしょうか。そもそも危険物の定義とはどんなものでしょうか。

 消防法では、①火災発生の危険性が大きい、②火災が発生した場合に火災を拡大する危険性が大きい、③火災の際の消火の困難性が高いなどの性状を有する物品を「危険物」として指定

出典 http://www.fdma.go.jp

消防法で定められた火災や爆発を起こしやすい危険物の総称とのこと。
性状により第1類から第6類までに区分され、その類ごとに品名、性質に応じて細分化して貯蔵、取り扱う時は規制の量(指定数量)が決められており、指定数量以上の危険物を貯蔵、又は取り扱う場合は、あらかじめ市町村長等の許可を受け、法令基準に適合していると認められた施設でなければ貯蔵等することはできない、というものです。

過炭酸ナトリウムの危険性

過炭酸ナトリウムの性質が火災などを引き起こしてしまうようですが過炭酸ナトリウム自体は不燃性です。しかし次のことに注意しなければいけないようです。

・熱や衝撃、摩擦などで酸素を放出し周りの可燃性物を激しく燃やしてしまう可能性があり大火災の原因になる。同じく熱、衝撃、摩擦等で可燃物や有機物など酸化されやすいものとの混合物は爆発の危険がある。
・長期保存していると酸素が出てきて密封した容器に入れておくと膨張し破裂する恐れがある。
・金属製の容器に入れておくと酸化して腐食する。

以上のことを踏まえて取り扱い保管しなければいけません。また、古いものは品質が変化している可能性があるため自治体の指示に従い処分します。

過炭酸ナトリウムの使用上の注意点

・使用する時はゴム手袋をして無風状態の場所で取り扱う。
・家庭での長期保存は避ける。
・可燃性のものと一緒に保管しない。
・アルミ以外の金属製の容器に入れない。
・過炭酸ナトリウム製品は一箇所にまとめて他の危険物と離して直射日光や高温多湿の場所は避けて保管する。

※使用中、目や口に入った場合綺麗な水で洗い流すこと。痛みが治まらない時は速やかに病院に行くこと。
※個人での大量購入や保管は避けたほうが良いです。

商品の成分を確認する

様々な商品が販売されていますが、必ず商品の成分を確認し、過炭酸ナトリウム、過炭酸ソーダ、又は過炭酸塩などの表記がある場合は使用上の注意をよく読み、正しく保管し使用しなければいけません。

これから年末にかけて掃除をする機会が増えます。正しい知識を持って安全に使用しましょう。

この記事を書いたユーザー

平原さあ子 このユーザーの他の記事を見る

1児の主婦。アニメ大好き、潜伏中のイラストレーター。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス