あなたはポジティブですか?

「できない」
「無理」

この1週間でこのような発言をしてしまった覚えはありませんか?

口癖が大切なことはご存知の方も多いですよね。
確かに口癖も大切です。

実はもう一つ大きな大切なものがあるのです。

それが・・・

 動作の癖

なのです。
ポジティブになるためには思考だけが大切だと思ってきませんでしたか?

確かに思考は大切です。

ところが・・
思考が先走りすぎると、
ポジティブ疲れを起こしてしまうこともあるのです。

あなたは今までに
「ポジティブでなければいけない!」
という思考に取りつかれたことはありませんか?

無理やり思い込もうとすることは
心理的負担が大きいものです。

そのために、違った方法を提案しているのが日本しぐさ協会なのです。

皆さんは
行動は心理が引き起こすと思っていますよね。

ところが
行動心理学に基づくと、心理⇒行動という順番と
行動⇒心理という順番のいずれも脳の中では同じ認識になると言われているのです。

だからこそ、
ちょっとした発想の転換をしてみませんか?

脳の認識が同じなのなら、
ポジティブになったときの行動を普段から取り入れるようにすれば良いと
いうことになるのです。

あなたはポジティブになったときにはどのような行動をしていますか?

 上を向いて笑顔

になっていますよね。
逆に悩んでいるときには、下を向いてつまらなそうな顔をしてしまいます。
手の位置も下がります。

ということは
ポジティブな時には

 上を向く
 笑顔
 手の位置が高い

ということが言えるのです。
脳の認識が同じならば、行動を取り入れれば心理が変わると言えます。

心理を変えることは時間がかかることです。
ところが、行動ならばすぐに取り入れることが出来ます。

心理的な負担がかからないからこそ、
行動から取り入れることが良いのです。

あなたはポジティブですか? 「できない」 「無理」 この1週間でこのような発言をしてしまった覚えはありませんか?

ついつい愚痴ばっかりを言っていませんか?ポジティブ思考になれる簡単な方法とは
 
あなたはポジティブですか?
 
「できない」

この記事を書いたユーザー

伊勢田幸永 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら