男女関係なくふくらはぎを温めると疲れがとれてよく眠れます。
ふくらはぎは第二の心臓と言われています。それだけ重要な部位なのです。

ふくらはぎを意識して健康生活を実践してみました

だるさはふくらはぎが冷たいせい

Licensed by gettyimages ®

たくさん歩いたり、座りっぱなし、立ちっぱなしの一日だとなかなか疲れがつれません。
だとしても、毎日マッサージに通うこともできない。こんなときはふくらはぎを温めましょう

レッグウォーマーは最強のアイテム!

Licensed by gettyimages ®

レッグウォーマーも長さ、質、色は様々あります。好みでいいのですが、毛糸素材は薄手のものがいいでしょう。厚手もはごわごわして、即効性はありますがじわじわと体内を温めていくには薄手がいいのです。

この厚みが保温になり、蒸れない

Licensed by gettyimages ®

レッグウォーマーというと、靴下の延長のもありますが、このように蒸れないで保温できる形で緩やかなものがおすすめです。

ふくらはぎが冷えているとどうなるのか。
これは女性に多いのですが、冷え症からくる体のさまざまな不調が出てきます。
心臓からポンプで送り出された血液は体内を循環しています。温めることで、血管は広がって流れが良くなっていきます。

冷えは免疫にも関係しています。体の温度が一度上がると免疫は何倍も上がります。

風邪の引き始めに我々が発熱するのは、体が侵入してきた菌を殺すために発熱して
闘っていくのです。このことから、冷やしては体調を崩すことが明確ですね。


ほかほか足湯

Licensed by gettyimages ®

お風呂にはいれない場合はシャワーで済ますことが多い我が家。実践しているのが洗面器の足湯です。

体全体の血行を促進していきます。その場合、足首のリンパ節を温めます。ここにはリンパ節と血管のジャンクションがあるので、むくみはここで流します。
むくんでいる場合、むくみは手でマッサージしてあげないと消えませんので、温かいお湯の中で、下から上へ向かって、マッサージをします。

足首と太ももの付け根にリンパ節があるので、ぐりぐりと回しながら流します。

就寝中にやせていく脚

Licensed by gettyimages ®

長い靴下なのですが、できれば足首を出したり調節できるものがベストです。

レッグウォーマーと靴下という使い方をおすすめします。あくまでも私が10年間行っている健康法ですので参考になさってください。

就寝中もレッグウォーマーを身に着けます。これは体より冷えやすいのでふくらはぎを温めて、体はやや薄着でも構いません。
全身がぽかぽかしてきます。
これは睡眠に入るとき、自律神経が副交感神経に変わって、入眠を促すのです。そのときなかなか寝付けない原因の一つに冷えがあるのです。
血行がよくなると、脚のだるさが消えます。全身がゆっくりぽかぽかしてくるので、じわじわと眠くなってきます。

また夜中に冷えて起きることなく熟睡できます。
眠っている間に脱いでしまうのは体温調節のためです。だから脱げるものをおすすめします。

散歩するときにレッグウォーマー!

Licensed by gettyimages ®

これは代謝アップにつながるのです。

お散歩しながら、気軽にすぐ代謝が上がっていくのがレッグウォーマーの活用です。
私は長年これで、真冬のウォーキングを時短でぽかぽかになって帰ってきます。
代謝は全身の血行を促進して、脂肪を燃焼させます。そのときなかなか血行が回らないので、レッグウォーマーを身に着けて、やや早い歩き方で一日10分。

真冬の外気温8度で、体はぽかぽかです。すこし汗ばんできます。呼吸は腹式呼吸に変化しますので、おなかもひっこめてダイエット効果も期待できます。

この記事を書いたユーザー

キタガワ このユーザーの他の記事を見る

ドラマチェックと演者、カメラを生きがいに好奇心旺盛で行動力が早いのが取り柄です。
生みだす表現力に人生をかけています

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら