老後、夫婦でのんびりは不可能かもしれない?年の差夫婦にはリアルな寿命の差がある

平成27年の厚生労働省の統計による簡易生命表によれば、0歳時点での平均余命である平均寿命が男性では80.79歳、女性は87.05歳と7年前後の開きがあります。

日本では、健康な同い年の男女であれば、女性の方が男性よりも平均寿命が長いのです。男性の方が年上の夫婦間では、この平均寿命の差はもっと拡大します。

筆者の夫は8歳年上。平均的な寿命であれば、筆者が死を迎える15年程前に、夫が亡くなる計算です。子育てが終わり、老後に夫婦で旅行をしたり、近所を散歩してのんびりするのが夢の筆者は、夫に「それは無理やん、俺の方がはよ死ぬし。」と言われてハッとしました。

『私にはもしかして、老後夫を失ってから、孤独な生が待っている・・・!?』

筆者が孤独死よりも怖いと感じた孤独な生。年上の夫を持つ妻の人生設計は、夫を亡くした後のことまで考えて立てねばならない?

夫や子供のために、今を犠牲にして家族に尽くしがちな女性という性に生まれたからこそ、老後に憔悴しきった孤独な生を生きるのは避けたいものです。いづれ訪れるであろう、妻の孤独な生に向けて、年下の妻が今からできる生き方の知恵を考えます。

年の差夫婦の目安は10歳以上年上or年下

一般的に夫婦間の年齢差が10歳以上ある夫婦のことを年の差夫婦、年の差結婚などと呼ぶようです。

年の差結婚で男性が年上の場合、女性側はリスクを覚悟する必要があります。最大のリスクは、男性の余命が短いこと。子供が成人するまでに、夫が寿命を迎える可能性も無きにしもあらずです。

また、定年までの働ける年数も短いので、子供の学費や住宅ローンなどを含めて、お金の管理が大変ということもリスクの1つと言えるでしょう。

歳上の夫は、意外と冷静に妻の老後を考えている!?

筆者の夫もそうですが、男性は女性よりも論理的で現実的な人が多く、老後に残されるであろう年下の妻のことも視野にいれて人生計画を立てている人が多いのも事実です。

しかし、現実問題としてお金のことを考えたとき、定年退職後の年金を崩しながら子供の教育費を支払うことで、老後破産したり、妻や子供の希望を叶えるには夫の体力が足りなかったりと、様々な問題があるのもまた事実です。

世代間ギャップで話が合わないなど、問題は多々あれど、大きな視点で妻と子供の将来を考えられるのは、人生経験を積んだ年上の夫ならではの愛情とも言えるかもしれません。

年下妻は夫や子供ありきで老後の計画を立てるのは危険!

多くの妻は、夫や子供の将来のために自分自身の『今』を犠牲にする傾向があります。子供に不自由させないために、夫に苦労をかけないように。

そうやって、自分を置き去りにした今の過ごし方をしていると、老後の計画にも夫や子供が当然いるかのように錯覚してしまうのです。

平均寿命を見る限り、夫は先に旅立つ可能性が高く、子供はいつか巣立つもの。年下妻は自分の人生を自分一人で謳歌できるような趣味や楽しみを、若いころから見つけておく必要があります。

介護問題も視野に 子育て中から能動的に人生を楽しむことが、介護の不安を軽くするかも

介護や寿命に関して、平均通りにいかないことは百も承知していますが、あえて平均寿命と介護が必要になる歳を年齢で考えるとすれば、妻は老後の最初の問題として、夫の介護に時間と体力を割かねばならないことが考えられます。

夫の介護をしながら、夫と一緒に老後を楽しむ。

夫の介護をしながら、自分の趣味ややりたいことも楽しむ。

それはそれは、大変なことのような気がしてしまいます。しかし、子供がいる夫婦なら、介護問題が訪れる前に子供を育てながら妻が能動的にやりたいことをやる時間を作る、体力をつけることで、老後夫の介護をしながら自分も楽しむ際のコツが掴めるかもしれません。

夫婦間に子供がいなくても、老後の介護と妻の人生について夫と話し合うことで、夫の介護をしながら気兼ねなく、妻が好きなことをして過ごすことができるかもしれません。

年下妻が今を楽しむことが、老後の不安への対策に

今、どんなに仲のよい年の差夫婦でも、結婚して10年、20年も経てば夫の老化は顕著に妻の老後の不安に繋がります。そして、平均寿命を参考にする限り、年下妻は夫の死後20年近く、一人で孤独な生を生きる必要があるかもしれません。

子供のため、夫のためにと、今を犠牲にして過ごしてはいませんか?今、年下妻のあなたが好きなこと、楽しいこと、夢中になれることに取り組むことが、あなたが将来抱えるであろう介護や夫の死後など、老後の不安の対策になるかもしれません。

どんな時でも、自分の人生を楽しむ工夫を忘れずに、夫や子供と過ごす今も大切にしたいものですね。

この記事を書いたユーザー

かおり このユーザーの他の記事を見る

1.3.5歳の子供たちを子育て中のかおりです。文章を書くのが好きで、アメブロの更新はほぼ毎日行っています。現在自宅でWEBライターをしています。論理的で根拠のある文章が好き。でも、ぐでたまの横にちょこっと書いてあるだらしない言葉も好き(笑)旦那とは大喧嘩もするけど基本ラブラブです。よろしくお願いします。引き寄せの法則・自分を愛する大切さについて書いてます→http://ameblo.jp/kira-kirakaorin

得意ジャンル
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら