タトゥーが大好きな人

Licensed by gettyimages ®

体中、至るところにタトゥーを入れている人も、見えない部分にほんの少しのタトゥーを入れている人も、それぞれタトゥーに思い入れがあり体に刻んでいるのでしょう。タトゥーが好きな人は、いくらでも自分にインクを入れていいでしょう。しかしそれを飼い犬にするとなると、また別問題ではないでしょうか。

それをしてしまった男性タトゥーイストがいた…

Pinned from metro.co.uk

自分の飼い犬に、目と耳の二か所、そして鼻にタトゥーを刻んだのはブラジル人のタトゥーイスト。白いブルテリア犬にタトゥーを入れた写真をFacebookで公開すると、たちまち「動物虐待だ!」と批判が寄せられアカウントは大炎上してしまいました。

こちらが飼い主の男性

Pinned from metro.co.uk

Facebookのアカウント名をエマーソン・ダマセーノ(Emerson Damasceno)と名乗っていたこちらのタトゥーイストの男性は、アカウントが瞬く間に炎上してしまったために、一旦アカウント名をエマーソン・キャンディード(Emerson Candido)に変更。

ところが結局はこの男性、アカウントごと削除しています。きっと相当批判の声が多かったのでしょう。

アカウントを削除する前に、この男性は「スタイルのために犬にタトゥーを入れたのではない。タトゥーを入れると、いぬのがん予防になると俺は信じている」と綴ってあったそう。タトゥーをいれて「がん予防」というのは何の根拠があってのことかは謎ですが、この男性の恋人と思しき女性も男性を擁護し、「犬にタトゥーをする前に、ちゃんと獣医院に連れて行ったわ」と主張していました。

ところが、獣医院ではこれを否定。「私たちは、犬にタトゥーをするという人に出くわしたこともなければ、自分たちがそれをするはずもなく、また誰かの犬にタトゥーを容認するなどということはあり得ません」と呆れた様子で話しているそう。

かわいそうに…

Pinned from metro.co.uk

「やめて」とはっきり言うことのできない動物に、無理強いすることほど残酷な行為はありません。自分の飼い犬だからいいという問題でもなく、批判されているようにこれは動物虐待と言えるのではないでしょうか。

一度インクを入れたら消すことは大変です。この犬はどうなってしまうのでしょうか。このまま生きなければならないとしたらあまりにも気の毒に思えます。簡単には治療できないことを飼い犬にした男性には、もう少しペットを思い遣る心を持ってほしいと思う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら