ジャスティン・ビーバーも絶賛したことで知られるピコ太郎の「PPAP」は、動画サイトYouTubeの『ミュージック全世界トップ100』の9月30日~10月6日付ランキングで1位を獲得。これは日本人初の快挙で世界一となりました。再生数をよくみると、2位に約2倍の再生数の差をつけての1位ということで、そのすごさがわかります。

ピコ太郎のPPAPとは

出典 YouTube

ピコ太郎と名乗るアーティストが歌った「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」という楽曲。内容は実にシンプルで、ペンをアップルとパイナップルに突き刺し、それを合体させると「PPAP」になるというネタ系ソング。「正直どこがおもしろいのかわからない」というコメントも多く、日本ではそのうちブームが過ぎさるという冷たい視線な人も多い

ジャスティン・ビーバーのお気に入り

PPAPはTwitterで8万フォロワーがいる歌手・ジャスティン・ビーバーが「インターネットでお気に入りの動画だ」とツイートしたことで人気に。多くの人が苦戦するアメリカ進出だが、ピコ太郎のPPAPはどこまで行くのか気になるところです。

引用元

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら