職場での理不尽な要求とは?!

パート勤務のMさんの話です。

頑張り屋で早出・残業も出来る限りしている人
彼女に任せておけば頼んだ事は大丈夫

そう評価を受けていた人

ただそういう人に周りも甘えがちになってしまって彼女の仕事での負担は増えていきました。

但し勤務はパート

子供もある程度大きくなったから仕事に励んでいましたが「ここは家族重視!」という所は守りたかったのです。

子供の小学校時代最後の運動会

有給申請をしました。


上司から言われた言葉は・・

「日曜日だから主婦のパートは休みが多くて人が居ない!有給申請が通るとは限らないからね!」


Mさんも主婦です
結局・・休みは貰えたのですがこの言葉は子供の行事の度に繰り返されるのでした。

Mさん夫婦は社内結婚だったのでMさんの仕事への姿勢は知っている旦那さん

毎回繰り返されるこの問答に旦那さんがMさんに言った言葉

うちの嫁さんはどうでもいい時に休み申請なんかしないし!
生活のために仕事しているのに子供を犠牲にするのは違う!!
普段から割り切ってる奴は諦めて普段から休ませて頼りになるからって社員がお前(Mさん)に甘えすぎ!

うちの嫁はそんないい加減な仕事する奴じゃない!!

ちゃんと分かってくれる人が居る!

そう思えたMさんは本当に嬉しかったそうです。

そして次の休み申請の際に繰り返された会話・・

社員「休み申請が通るとは限らないから!いつでもいいから1回有給入れてって話なら有給入れるけど・・」
Mさん「すみませんがどうでもいい時には申請しません。有給が余ってるから休んでいいよっていうなら入れて頂いて構いませんがこの日は子供の記念に残る行事なのでお願いします。」

そして話し合ってみると他のパートの我儘に溜まっていた鬱憤を「この人なら分かってくれるから言っても大丈夫!」と社員の人も甘えていたと自覚したらしい。

旦那さんの一言でちゃんと意見を言えるキッカケになったとMさんは旦那さんに感謝したそうです。

この記事を書いたユーザー

奈津美 このユーザーの他の記事を見る

波乱万丈と人から言われる幼少期・10代・20代前半を過ごしてきました。
おかげで前向きに小さな事に感動できる性格になりました。
人生中盤の今は友人にも恵まれて日々頑張ってます(^_-)-☆

得意ジャンル
  • 話題
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら