『 名物に旨いものなし 』とは言うけれど

『 名物に旨いものなし 』という言葉が有るが、ういろうこそまさにその代表例と言っていいだろう。

あんなまずいお菓子はまさか自分から買うことは一切有り得ないが、たまに人からお土産と称して頂くことがある。
せっかくの御好意で貰ったものだから、お土産に持ってきて下さった方の前では不満こそは言わないが、内心は「 あぁ~、なんて日だっ! 」という気持ちになってしまう。

今時、味もそっけもない

色こそカラフルだし、見た目は正に『 羊羹 』そのものだから、頭の中の味の記憶をたどると、しっとり甘くて美味しい羊羹の味を連想してしまう。

だが、それを期待しながらういろうをほおばると、期待外れと失望の念に襲われてしまうことになってしまう。

甘いわけでもなく、さしてしょっぱくもないし 限りなく無味無臭に近い、何か得体の知れないシリコンかゴム製の『 大人のおもちゃ 』か何かを口に無理矢理入れられているような不快感と、甘くない味の味覚の失望感が口中一杯に広がるつまらなさ。
まさに『 味もそっけもない 』とはこのことで、二度と食べたくないお菓子の第一位である。

もっと旨いものをアピールしろよ

たしか、ういろうは名古屋の名物だと思ったが、名古屋ならばもっともっと美味しいものはたくさんあるではないか。

ちょっと思い出しただけでも、味噌カツサンドやひつまぶし、超の付くほど有名な海老フライだってある。
なのに何故に、ういろうなんだよっ!(笑)

浜松の『 うなぎパイ 』だってすごく美味しいし、岡山の『 きびだんご 』だって広島の『 もみじまんじゅう 』でさえ、まだ不味くはない。

私がもし、名古屋に行ってお土産を買う機会が有ったとしても『 ういろう 』だけは決して選ばない。
もうちょっと、他人に物をお土産であげるのならば、センスのある品物を選ぶ必要がある。

ついでに言えば『 ういろう 』の製造元も、不味いお菓子の汚名を返上する為に、せめてういろうに砂糖を入れて甘くするか、塩を入れてしょっぱくするか、もう少し品のある味の商品を開発してほしいものである。

この記事を書いたユーザー

BlueVelvet このユーザーの他の記事を見る

BlueVelvet

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • グルメ
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら