おニャン子クラブとは

出典 http://www.amazon.co.jp

1985年にフジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループ。 
当時、我が家にはテレビが無かったのだけど、女子が鼻歌で歌っていたり、小学校の文化祭で振り付けをコピーしていた人たちがいたのでして散るのです。
手か、30年ぐらい前は、テレビが無い家庭、意外と多かったのです。
テレビがあったとしても、今みたいに自分の部屋で当たり前のようにあるわけではなく、茶の間の1台の時代なのです。
小学生だったのだけど、親がその時間にいる男子は見れてないようでした。
なので、割と女子が見ていたのです。

意外と知らなれてない結成秘話
当時、フジテレビの深夜生放送番組であった『オールナイトフジ』は社会的現象ともいえるほどにヒットし、そのヒットの一翼を担った番組アシスタントの女性グループ、オールナイターズもアイドル的な人気と活動展開で盛り上がっていた。
 彼女らは既存の芸能人ではない素人の女子大生たちで構成されていて、崇高な存在であったアイドル像とは相反していたことで注目を浴びていた。
 その成功から、フジテレビは同じスタッフによるもので『オールナイトフジ』と同様な生放送の情報バラエティ番組『夕やけニャンニャン』の開始とオールナイターズに相当する番組アシスタントの女性グループ、おニャン子クラブの結成を計画する。
 そして、1985年4月からの夕方ローカル放送枠で行うレギュラー番組に先駆けて、まずはパイロット番組として、1985年初頭に特番『オールナイトフジ女子高生スペシャル』(1985年2月23日、3月16日)を制作して放送。その特番に出演していた女子高生のなかから選抜した11人でおニャン子クラブを結成し、4月1日から『夕やけニャンニャン』放送開始とともに出演させた。

出典 https://ja.wikipedia.org

デビュー曲

出典 YouTube

1987年9月20日に解散

出典 YouTube

メンバーを調べてみると

すでに芸能事務に所属していた人を、ソロデビューを視野に入れた売込みの戦略のひとつで、オーディションに出場・合格させて観客や視聴者に「原石を見つけた」と注目させる目的であった。とのこと。

河合その子、渡辺美奈代、工藤静香、高井麻巳子、岩井由紀子、我妻佳代らなどは、おニャン子クラブ所属前からレコード会社や芸能事務所に所属していた。 




出典 https://ja.wikipedia.org

世の中、そんなモノでしょうね

知られたくない過去なのかもしれないのでか確認なのです

Licensed by gettyimages ®

Wikipediaだけではなく、例えば、ジャニーズファンを集めたサイト、AKBファンを集めたサイトなど、色々と情報源があるのです。
本にとっては黒歴史で知られたくない事である可能性があるので、ずっと応援してきたファンならでこ知っている事であったとしても、本人に確認できないならば、応援したいなら書かない方いいのです。
※上のおニャン子クラブの話しは、もう広く知られている情報なので掲載

ついでに、違法アップロードも応援している事にならない

出典 YouTube

ネットにupされた動画や楽曲は、ほとんどがコピーするソフトがあるのです。ニコ生とYouTubeは年賀状ソフトで有名な大手からコピーや変換できるソフトが出ています。
応援するつもりで販売されている作品をupしたとしても、そこのダンロード回数分、応援している人の収益が入らなくなるのです。
名のある芸能人の活動停止の大きい要因は、人気があっても収益がないから解散解雇なのです。

30周年記念

出典 YouTube

昭和のアイドルさんやバンドのみなさん、
解散したんだけど、最近、やたらと多い復刻盤や記念作品の販売。
レコード会社や著作権の管理会社は、管理しやすくする目的で、アナログレコードをCD化、ビデオ作品をDVD化しているのだけど、せっかくだから、今、歌える状態の人は取り直して販売するのです。

ちなみに

Licensed by gettyimages ®

我が家のハナレ、そこそこの機材が揃ているのです。
単純にレコードからCDやデータに変換するだけの作品、テープからDVDやデータに変換するだけの作品は、我が家のハナレで作業をすることもあるのです。
※お金のある事務所は変換するソフトを使うので、来るのは1人だけブレイクした事があるとかの中小零細です。笑

今年6月に、生涯アイドル宣言をした渡辺美奈代(47才)がデビュー30周年記念コンサート『Forever IDOL 374』を9月25日に開催した。 

出典 http://news.ameba.jp

今、元おニャン子クラブで輝いているのは、この人ですかね。
30周年ですが、現役アイドル宣言してます。

30周年コンサートの映像が届きました
1日も早くDVDに出来る様に頑張りまーす

30周年記念LIVE、このブログを見ていると、発売が決まった時に、即、分かると思います

最後に
私は、最近、全国のアイドルさんを調べ上げて纏めているのです。
色々とメンドクサイので、アカウントとかサイトは細かく分けているけども。

数年観察しているだけでも、分かる事。
地下アイドルであっても、ご当地アイドルであっても、無名で活動してようとも、
歌唱力があるとか、そこそこ人気が出てきた時、本人が今より1ランク上も目指すなら、同じレベルの人たちで再編成があるのです。
高校野球や高校サッカーも、それぞれのチームのエースが集まって日本選抜になるのです。
たとえ所属していたユニットが解散したり事務所が倒産しても、その時に実力があればトライアウトのチャンスがあるのです。
こっちから出向かなくても、向こうから来るのです。
調べてみれば、昭和から同じなのです。

なので、日々、精進なのです。
LIVEだけ出てればとか、与えられた仕事をしているだけではダメなのです。
歌で勝負するなら、ボイトレを続けるのです。
ダンスで勝負するなら、ダンスレッスンを続けるのです
与えられた楽曲だけではダメなのです。
よっぽどの感やスキルがある人はカラオケで大丈夫なんでしょうけど、大半の人は、間違って覚えるので、歌で勝負の人は、日々レッスンなのです。

これをまとめる為に、各メンバーについて細かく調べて分かったのです。
おニャン子クラブのメンバーだけ見ても分かるのです。
子供の頃から芸能活動をしながら、日々レッスンを頑張っていた人が、大手事務所に所属した状態でメンバーになれたのです。
ボイトレを頑張っていた人からソロデビューなのです。
おニャン子クラブをきっかけに、日々レッスンを頑張った人が、解散後も生き残っているのです。
ビジュアルをウリにしている人は、スキンケアやスタイル維持を頑張っているのです。

何かのきっかけでテレビに出れる機会があるときに、何も持ってなければ、それで終わるのです。
何か勝負するモノが磨かれていると、次に繋がるのです。
突発的に時の人となったアイドルよりも、下積み経験のある人の方が、下積み時代に磨いたものがあるので生き残れるのです。
まぁ。思い出づくりの為だけの人はアレですけどね。

実力を磨こうとしないで、売れようとすると、足元を見られるのです。
足元を見られると、それを売りにしようとしていないのに「チャンスだから」とか言われて水着の仕事をさせられたり、週刊誌で過激なグラビアの仕事を、赤字になるレベルのギャラですることになるのです。

すでに引退しているアイドルで、そのままアカウントが残って継続しているブログやSNSを読むと分かるのです。
LIVEアイドルなのに、深夜番組で水着になってるアイドルさん、その時の水着代で赤字だったと告白している人が多いのです。
自信のある能力が無い人は、今までいた事務所が倒産したりユニット解散の時に焦って、変な事務所に入ってエロい仕事しかこないとか、大した仕事をしないままスカウトしてきた社長の奥さんになっていたりとか、割と多いのです。
エロい仕事を気にしない人はアレですけどね。

苦労をして自分を磨いてる人は、自分を安売りしないので、どういう事務所なのか冷静に調べるのです。
お仕事も、プラスになるのかどうか判断してから受けるのです。

「仕事を選ぶ」を悪いイメージで印象付けするけども、それはスタッフ側の都合なのです。
結局、仕事を選んでいる人の方が生き残るのです。
共演者に関わらない人がいる場合も同じなのです。

これらの全ても、「おニャン子クラブ」だけを2,3日サーチいているだけで分かるのです。

ちなみに
局預かりだった25人の無所属だった元メンバーの消息が分からない事になってますけど、
メディア情報はないけども、ど素人の私が調べても、その局や関係する会社の人と結婚している人が多いのです。
最近、昔のアイドルさんの今を扱う番組が多い中、おニャン子クラブの特集がある時に、私でも簡単にサーチできる情報なのに出てこないのです。
元アナウンサーの人のバラエティ番組での暴露発言の映像を纏めているサイトや、親族の人やご近所さんの書き込み、40歳の同窓会について書いている当時の同級生のアカウントから書き込みが見つかるのです。

なので、本にたちが、その情報の公開を望んでないと判断したので、私は詳細を書きません。
ってか、リスクを負ってまで名前を書けないです。笑

ただ、今後は色々と出てくる可能性が出てきてます。
なぜなら、最近ニュースになっている、某広告研究会、そのOBが各放送局の社員だったり、大手公告代理店の幹部だったりするのだけど、元おニャン子クラブだけではなく、色々な元アイドルさんや元女子アナウンサーと結婚しているのがわかるのです。
ってか、IT社長とか大手出版社の社長親族も含むと、広告研究会出身の人である確率が高すぎるのですw
業界人だからって、披露宴に芸能人を大量に集めて盛大にするんで、業界の人は分かってると思うのです。

私でも見つかる情報だけど、内々には甘い各マスコミなのです。
身内にも容赦がないと話題の、あの週刊誌が、近い将来、出してくるんじゃないかと予測しています。

この記事を書いたユーザー

マッキー太郎 このユーザーの他の記事を見る

現在。自宅で両親の介護生活。外に出る機会が少ないので買い物は通販がメイン。田舎なので家庭菜園もしてます。元々は音楽お仕事をしています。自宅にラジオ番組収録にも提供している録音、録画、放送、演奏などができるスタジオがあります。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス