東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、東京ディズニーシーのポートディスカバリーに導入予定の新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープン日が、2017年5月12日(金)に決定したと発表しました。

東京ディズニーシーのポートディスカバリーに導入予定の新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープン日が、2017年5月12日(金)に決定いたしましたのでお知らせいたします。

このアトラクションは、人気のディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界を舞台に、映像とライドシステムの動きを融合させることにより、映画の海底の世界を体験できる屋内型アトラクションです。

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

「ニモ&フレンズ・シーライダー」イメージ

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

魚サイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険します。海の世界では、ニモやドリーなどおなじみのキャラクターたちに加え、タコのハンクやジンベエザメのデスティニーなど、映画『ファインディング・ドリー』に登場する人気のキャラクターたちに会えるかもしれません。

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

潜水艇「シーライダー」イメージ

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

アトラクションの映像は、『ファインディング・ドリー』のピクサー・アニメーション・スタジオ映画スタッフが制作しており、スクリーンで展開される美しい海の世界がこのアトラクションでも再現されます。

映画『ファインディング・ニモ』シリーズの臨場感あふれる海の世界に、ぜひご期待ください。

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

「ニモ&フレンズ・シーライダー」外観イメージ

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の舞台は、ポートディスカバリーの中心的な施設である海洋生物研究所です。海洋生物研究所では海洋生物の研究を行うと同時に、訪れるゲストに海とそこに住む生き物たちを大切にすることを呼びかけています。

ゲストはここで、海洋生物研究所の科学者たちがチヂミニウムと呼ばれる特殊なマテリアルを開発したことを知ります。チヂミニウムは電気を通すと収縮するという特性があり、このチヂミニウムを使って作られたのが、魚の形をした潜水艇シーライダーです。シーライダーは中に人間を乗せた状態で、安全に魚サイズに縮むことができます。

また、人工フィッシュ知能を搭載したことにより、シーライダーは本物の魚のような動きをすることができるだけでなく、操縦士が乗っていない状態でも自動運転で本物の魚たちと一緒に行動することができます。

海中に潜り、魚サイズに縮んだシーライダーは、ニモやドリーをはじめとするさまざまな海洋生物たちに出会い、彼らと交流し、乗り込んだゲストを楽しくてワクワクして、ちょっぴりスリリングな海の冒険へと導きます。

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

場所はストームライダー跡地

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

「ニモ&シーライダー」は上記マップの赤丸の場所にオープンします。2016年5月16日に惜しまれつつも運営を終了した「ストームライダー」というアトラクションがあった場所です。

ストームライダー

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

接近中の巨大なストーム(日本で言う台風)を消し去るため、気象コントロールセンター(The Center for Weather Control 略称:CWC)は対ストーム用の航空機、ストームライダー1号機・2号機を投入。開発したストームディフューザーを使ったストームを消滅させるミッションへ向かう。

安全性の高い、簡単なミッションだと思われたが、落雷を受け1号機が離脱。ミッションは中止の連絡が入るが、2号機のパイロットであるキャプテン・デイビスは独断でミッションの続行を決意。見事にストームを消滅させたのもつかの間、暴風雨に見舞われ、終盤には爆破の影響でエンジンが完全にかからなくなり垂直落下、海へと墜落するも無事生還する。

出典 https://ja.wikipedia.org

クローズの時は多くのファンが涙

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の前にあった「ストームライダー」は東京ディズニーシーのオープンからあるアトラクションで多くのファンがいました。私も何度も乗りましたが、スコットとデイビスのハチャメチャコンビの掛け合いには本当に楽しませていただきました。

面影があって泣きそう

新たにオープンする「ニモ&シーライダー」の外観には「ストームライダー」の面影が残っているので、ファンには込み上げる物がありますね。

ニモに期待しているよ!

「ストームライダー」のラストフライトは感動的なものだったとファンの間では有名です。多くのゲストを魅了した「ストームライダー」の後を継ぐ「ニモ&フレンズ・シーライダー」も長く多くのゲストに愛されるアトラクションになってほしいと願います。

タートル・トークもリニューアル

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

ウミガメのクラッシュとお話できる大人気のアトラクション「タートル・トーク」に、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』のキャラクターが新たに登場します。おしゃべりが大好きなドリーとクラッシュの息子のスクワートたちとのかくれんぼや、ニモの父親のマーリンとスクワートの兄弟たちの愉快な掛け合いにゲストも参加したり、ジンベエザメのデスティニーやタコのハンクたちがやってきてゲストに話しかけたりと、クラッシュを中心とする個性あふれる映画の登場キャラクターとの会話をより一層お楽しみいただけます。

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープンと同じ日に「タートル・トーク」もリニューアルオープン予定となっています。ウミガメのクラッショがゲストと会話をしながら、いわゆるゲストを”いじる”参加型のアトラクションです。

これまでもその場その場のやり取りで、大きな驚きを与えてくれたアトラクションがどのように生まれ変わるのか楽しみです。

ディズニーランドを生み出したウォルト・ディズニーは「ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」と語っています。その言葉通り、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーもオープンからこれまで多くの新アトラクションの導入やリニューアル、期間ごとのショーやパレードなど様々な成長を遂げてきました。その姿勢はずっと変わらないことでしょう。そして、これからも「夢と魔法」で私たちに感動と幸せを与えてほしいと思います。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら