ルヴァンカップ、凄かった!

10月15日に埼玉スタジアム2002で行われたルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)の決勝戦、ガンバ大阪 vs 浦和レッズを観戦してきました!

120分戦っても決着が付かず、ペナルティキック戦へ。

5人全員が決めた浦和レッズに対し、ガンバ大阪は1人止められ、その結果4-5で浦和レッズの勝利でした。

埼玉スタジアムに鳴り響く「We Are Reds!」の大歓声を背に帰宅しましたが、やはりサッカーって面白いな、と実感しました。

リーグ戦再開! Jリーグチャンピオンシップって何?

ルヴァンカップは終わりましたが、リーグ戦も佳境です。

2015年から、Jリーグは2リーグ制になりました。2チーム優勝するチームが出るということです。

そのため、年間チャンピョンを決める必要がありますが、その試合が「Jリーグチャンピオンシップ(以降CS)」です。

今年のルールは次の通りです。

明治安田生命J1リーグ 1stステージおよび2ndステージを通算した年間勝点1位、2位および3位のチームと、各ステージの優勝チームとする

出典 http://www.jleague.jp

このルールだと、最大5チームがCSに出場できる可能性があります。


セカンドステージ第14節を終えた段階では、次の通りとなります。

年間1位 浦和レッズ
年間2位 川崎フロンターレ
年間3位 鹿島アントラーズ

1st 1位 鹿島アントラーズ
2nd 1位 浦和レッズ

上に名前の上がっているチームは、年間3位以上が確定、もしくはステージ優勝しているため出場が決定しています。


ではほかのチームにはチャンスはないのか、というとそんなことはありません。可能性としては2つあります。

出典ばるさら

残る可能性① 年間3位

既に年間3位以上を決めている浦和レッズと川崎フロンターレ以外で、年間3位に入る可能性があるチームは次の通りです。
※()内は得失点差

年間3位 鹿島アントラーズ 59点(+22)
年間4位 ガンバ大阪 51点(+8)
年間5位 柏レイソル 51点(+6)
年間6位 大宮アルディージャ 50点(+4点)

あと3節あるので、逆転できる最大の勝ち点差は9です。

鹿島アントラーズはあと1回勝つか、2回引き分けると自力で3位以上を決定することができます。

その他のチームは3連勝しかありえません。

得失点差が大きいことを考えても、3位以内に鹿島アントラーズ以外が入ることは、現実的に困難です。

残る可能性② 2ndステージ優勝

2つ目の可能性は2ndステージで優勝することです。

残り3節の時点で、優勝の可能性を残すチームは次の通りです。

2nd 1位 浦和レッズ 34点(+21)
2nd 2位 ヴィッセル神戸 29点(+14)
2nd 3位 川崎フロンターレ 28点(+9)
2nd 4位 柏レイソル 27点(+7)
2nd 5位 ガンバ大阪 27点(+6)
2nd 6位 横浜F・マリノス 26点(+13)

4位以下も数値上は可能性を残していますが、勝ち点で7点差ありますので、逆転はかなり難しい状況です。

ただし、2位のヴィッセル神戸、3位川崎フロンターレにはまだチャンスがあります。

浦和レッズが次節勝利し、ヴィッセル神戸、川崎フロンターレが共に引き分け以下の場合、浦和レッズが2ndステージ優勝を決めます。

現時点ではかなり浦和レッズが優位ですが、次節浦和レッズが引き分けもしくは負け、逆にヴィッセル神戸、川崎フロンターレが勝利すると、勝ち点差が2点~5点の間になります。特に2点の場合は、片方が勝利、片方が負けでひっくり返る差ですので、可能性は決して低くありません。

ヴィッセル神戸の特徴

ヴィッセル神戸の特徴といえばやはり攻撃力です。

特に前線の3人、レアンドロ、ペドロジュニオール、渡邉千真は強力で、3人で点を取りきってしまう力があります。

レアンドロは現在得点ランキングトップの18点。現在好調を維持しているので、得点王も最有力です。

他にも「ネルシーニョマジック」と称され、数々の勝利を演出してきたネルシーニョ監督の采配や、藤田直之のロングスローなど、見所満載なチームです。

ヴィッセル神戸がCSに飛び込んでくるか?10月22日に注目

次節、2nd第15節は10月22日土曜日に行われます。

2nd1位浦和レッズはアウェイでアルビレックス新潟と、同2位ヴィッセル神戸は、やはりアウェイでベガルタ仙台と対戦します。

対戦相手の両チームは、今シーズンやや苦しんでいます。

特にアルビレックス新潟はJ1残留争いの真っ只中です。

ただ、前節は山崎亮平選手の劇的なゴールでジュビロ磐田に競り勝ち、勢いが出てきていることを考えると、浦和レッズといえども、簡単な試合にはならないように思えます。

「最後のCS」の概要を決定づける第15節、目が離せません!

(おまけ)Jリーグを見てみよう!

10月22日は、2試合TV放送されます。

NHK総合 13:50~16:00 アルビレックス新潟 vs 浦和レッズ
NHK-BS1 14:00~16:00 川崎フロンターレ vs サンフレッチェ新潟

Jリーグあまり見たことない、見てみたいけど機会がない、という方、ぜひNHK総合、もしくはNHK-BS1を見て、少しJリーグを知ってもらえると嬉しいです!

出典ばるさら

この記事を書いたユーザー

ばるさら このユーザーの他の記事を見る

お酒、IT、サッカー、時事ネタを中心に色々興味を持っています!!

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら