誰かパリスを止めて!

パリス・ヒルトンが$8000でティーカップ犬を購入!

これまでマスコミを大いに賑わせていたお騒がせセレブの代表、パリス・ヒルトン。

最近は少し落ち着いたのか、ゴシップ紙でも見かけなくなりました。

しかし、昨日ひさしぶりに芸能紙やゴシップ紙のトップで彼女の最新ニュースが発信されました。

高い犬を飼うくらい、ホテル王ヒルトンの孫娘であれば大したことはありませんよね?しかし、今回もまた彼女が選んだ犬種がティーカップサイズのミニチュア犬だったことに眉を顰める人たちがいます。

80万円で購入されたのがこの犬。
まだ名前は付いていないそうです。

彼女はこれまでも、一般的にティーカップ犬と呼ばれる繁殖で無理やり小さい体にした犬を好んで飼っています。

彼女がセレブということで、憧れる人も多く、彼女が飼っているから自分も欲しい、と大勢の人たちがティーカップサイズのチワワを求めてブリーダーやペットショップに押し掛けました。そして彼女と同じポケットに入るほど小さなチワワを飼ってはみたものの、健康に問題があったり、病気になったり手がかかる犬が多く、捨てられてしまうチワワが増えてしまったのです。ブームが去ったあと、カリフォルニア州のシェルターが3割のチワワで占められていたと聞くと愕然としてしまいます。

もともとティーカップという種類の犬は存在しません。単にコップに入るくらい小さいそのサイズからそう呼ばれているだけです。ティーカッププードルを例にあげて説明してみましょう。

ティーカッププードルはアメリカで交配を繰り返して誕生した、超小型犬の平均的な寿命(14~15年)を持つ犬種です。日本ではティーカッププードルは正式な犬種ではなく、トイプードルに分類されています。

もともとプードルはフランス生まれの犬種で、大型のスタンダードプードルだけでした。そのプードルがアメリカに渡り、小型遺伝子を持つプードルが交配をして長い年数をかけて小型のトイプードルが生まれました。さらに極小のトイプードル同士を交配させていき、ティーカップにも入れそうな小さい「ティーカッププードル」が生まれました。

ティーカッププードルは短命であるとか体が弱いという風に言われることが多いのは、身体的に欠陥があって体が小さくなってしまったトイプードルをティーカッププードルとして流通することがあるからです。

ティーカッププードルの価格を調べてみると、その高さに驚くことがありますが、それには理由があります。ティーカッププードルは出産自体が難しく、数が非常に少なくなります。出産をしても、1~3匹しか生むことができません。また無事に出産を終えても、母犬の母乳の量が少ないことが多く、育児の手間がかかります。

出典 https://wanchan.jp

パリスのティーカップチワワ。頭のサイズに比べて不自然に大きな目は今にも飛び出しそうです。

中には正当な小ぶりの親同士の交配で、健康で小さな固体をブリーディングしている専門家もいます。

しかし、最近の流行に肖り、未熟児だった極小の親同士の交配やその他不正な交配などにより、小さな子犬を産ませることに精を出すブリーダーが増えています。

私もショップで働いていたとき、何匹か“小さ過ぎる”子犬を世話しました。そのほとんどが、関節の奇形・心臓疾患・消化器系疾患・頭蓋骨の奇形・先天性知能障害を持つ犬でした。

また、仮に先天性疾患がなくても、極小犬は低血糖症や低体温症を起こし、回復する力がなく入院することが非常に多かったです。

出典 http://woof.seesaa.net

犬と眠る可愛い写真・・・しかしその裏に隠れた闇は見過ごせません。

犬を愛するなら、動物を愛するならその動物の健康を何よりプライオリティーに考えるべきです。犬はアクセサリーではないのです。

出典 http://www.zimbio.com

犬好きなのではなく、小さな犬を抱いている自分が可愛く見えるから好きなのよね?と思ってしまいます。

これまでもパリスは130万円と250万円の極小ポメラニアンを購入したと報じられています。

出典 https://www.thedodo.com

この小さなポメラニアンを購入したときもアメリカで批判の声が出ていました。(2015年)

健康であれば問題はありませんが、体の弱い犬が多いのは事実です。無理なブリーディングや不健康な犬同士の交配、未熟児を生ませるための帝王切開。こんなことは許してはいけません。

パリスのこの動きを止めるのは世論だけなのかもしれません。パリスの真似をしてティーカップサイズの犬を探し回るより、ぜひシェルターや保健所に出かけてみてください。あなたを待っている運命の犬たちが見つかるかもしれません!

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス