教育格差の弊害

ミスコンだけでも相当な話題となった某有名私大。
どうやら未成年の飲酒では終わらないような・・・
今回のことで個人的にはさすがというか、福澤さんの特徴なのかなと。
素晴らしい思想家であり、素晴らしい実業家。
この側面を見れば、高尚であり、庶民派でもあるという点。
これは某大学の学風にもあるのかなと思ってしまいました。
あくまでも個人的見解です。
学生の割には世辞に長けてるというか、ビジネスの世界とのパイプがあるようですね。これが就職のときに人脈として、あるいはスキルとして役立つのかもしれませんね。それが社会に出る際に先んずることができると。
今回の事件の当事者である男子学生は、自分たちがエリートであることは自覚しているものの、そこにかかる責任についてはまだ自覚していない、あるいは理解していない若者であることは間違いないのでしょう。ごく一部のことなのかもしれませんが。お勉強はよくできても、人としての生き様はお勉強できていなかったのでしょう。
先日の某有名国立大生の事件も、被告人は最後まで大学を自ら退学するという意思は示さなかったんだそうですね。どんな事件を起こそうとも大学の名前で守られるものがあると感じているからなんだろうなぁ。
学歴社会から脱却したかのように言われる日本。
でもお役人から企業に至るまで、就職に学歴は付き物のまま。
一番分かりやすい尺度だからなのでしょうね。
しかし今は教育格差の時代。大学に入るためには、家庭に相当な教育費がふりかかっています。つまり有名大学に行くということは、さらなる負担がふりかかるということ。これが教育格差ですね。
お金がなければ有名大学に入ることは難しい。
そこを考えると、これらの事件の原因もこの教育格差の弊害なのかもしれないと思うのです。お金があるご家庭の子供は、勉強だけをすればよい環境に置かれています。だからこその視野の狭さ・・・
それは今回の事件の根底にあるのかなと。
下世話なことや猥雑なことから、子供を遠ざける過ぎることは人としての情緒やコミュニケーション能力の発達を疎外するように感じます。大人になってから、急にそういうことに触れると今回のようなことになりやすい。人間の欲望にも正面から向き合えるたくましさが無いんだろうなぁ。。。
現実とバーチャルの違いを認識する教育も必要なのかも。
お金があるご家庭だからこそできる子育てもあるはず。だって将来のリーダーにさせることができる環境ということですから。リーダーは世辞に長けるのではなく、俯瞰できて、人の心を動かす人間性が必要です。これはご家庭でしかできない教育だと私は思います。有名大学に行くことで、社会を動かす人物になっていただきたいと切に思います。

この記事を書いたユーザー

再遊 このユーザーの他の記事を見る

日々気付いたことや感じたこと、学んだこと、着物についてや社会問題など、自分なりに考えたことなどを綴ってまいりたいと思います。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • キャリア
  • ニュース

権利侵害申告はこちら