記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

2016年10月7日(金)政府が閣議において、本年度版の過労死等防止白書を決定しました。

2014年に成立した過労死防止法で定められた内容を受けて、今回はじめてつくられたもので、長時間労働の実態、対策がどのくらい実施されているかなどについてまとめられた内容です。

同じく2016年10月7日(金)に大手広告会社の女性社員の自殺が労災認定されたこともあり、世間の話題に上がっている「過労死」。こちらについて医師に解説をしていただきました。

過労死ラインとは

健康障害が発症する前の2カ月間あるいは6カ月間において、1カ月あたりおよそ80時間を超える時間外労働をしているものを指します。

あるいは発症前1カ月前およそ100時間を超える時間外労働が認められる場合もこれに当たります。時間外労働時間が長くなるにつれて、健康障害や過労死の可能性が高まることが知られています。

過労で亡くなる死因

■心筋梗塞
■自殺
■脳出血
■くも膜下出血
■急性心不全

過労死になりやすいタイプ

■真面目なタイプである
■人からの評価を気にする
■労働時間が長い
■人と競争したり、緊張感が強い職場で働いている
■ストレスを解消する方法がない

過労で医師にかかるべき目安

■気持ちの落ち込みが続いている
■夜眠れない
■いつも仕事のことが頭から離れない
■死にたいと思うことがある
■動悸や頭痛など身体的な症状がある

過労はどのような治療が施されますか?

診療科目

内科や精神科、心療内科などが多いです。

治療

会社との環境調整を行い業務負担の軽減や、状況によっては休職などを勧め、本人の状態に合わせて不安や不眠を抑える薬、うつの治療(おもに精神科)などを行っていきます。

過労死にならないために心がけるべきこと

◎自分が働いた時間数をカウントし、あまりにも長時間労働にならないようにする
◎健康状態をしっかり把握する
◎睡眠はきちんととる
◎食事の栄養バランスに気を付ける
◎週末はしっかり休むようにする

≪ 自分が気付かないうちに、心が疲れていませんか?≫
▶ ストレス社会を生きるあなたに…「ココロのお疲れ度」チェックはコチラから

医師からのアドバイス

過労死の問題は現在も非常に深刻な状態だと思います。過労死ラインを超えるなどつらい勤務を続けられている方は、労働基準監督署などへの相談も含め、自分の身をしっかり守っていくことが必要だと思います。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス