記事提供:TABIZINE

一人の力で大きなことは出来ないかもしれません。でも一人一人のアクションが広がっていったら、世界は変えられるかもしれないのです。それも、大好きなおにぎりを食べることで。

あなたがおにぎりの写真1枚をSNSに投稿すると、飢えや貧困に苦しむアフリカ・アジアの子供達のあたたかな給食5食分になるのです。ぜひ参加してみたいですね。

おにぎりアクション2016とは

世界食料デー・ソーシャルアクション

おにぎりアクション2016


10/11(火)~11/30(水)おにぎりで世界を変える

10月11日~11月30日
の期間中「おにぎりアクション2016」を実施し、世界各地で参加者がおにぎりを作るまたは購入し、「いただきます!」写真を#OnigiriActionをつけてSNS上(Facebook,Instagram,Twitter)または特設サイト投稿すると、参加者に代わり、協賛企業が写真1枚につき100円をTFTに寄付し、アフリカ・アジアの子どもたちにあたたかな給食5食分をプレゼントします。

このソーシャルアクションは昨年に続き2回目の開催となり、昨年は世界中から5,000枚を超える写真が投稿され、25,000食の給食を届けました。

本年はその4倍にあたる10万食の給食を届けることを目指し、新たな協賛企業も加わります。個人の参加者、民間企業、NPOが一体となって、「おにぎり」をシンボルに世界を変えるアクションを起こします。

おにぎりアクション2016」より

出典 http://prtimes.jp

あなたのおにぎり写真を投稿しよう!

【参加方法】

・おにぎりの写真
・おにぎりを作っている写真
・おにぎりを持っていただきます!している様子
・おにぎりを食べている写真

などなど、おにぎりにまつわる写真であれば何でもOK。

#OnigiriActionのハッシュタグを付けて自身のSNS(Facebook,Instagram,Twitter)、または特設サイトに投稿するだけ。投稿写真はこちらで確認できます。

【参加目的】

写真1枚が給食5食になる。

(写真1枚につき協賛企業から100円が寄付され、飢えや貧困に苦しむアフリカ・アジアの子どもたちに5食分の学校給食が届きます)

家族や友人、もちろん自分の写真も

お気に入りのおにぎりを持った家族、友人、もちろんあなたの写真もアップしましょう。おにぎりを頬張っている顔って、皆ハッピーな顔をしています。見せびらかしたい、手作りのおにぎり弁当なども良いですね。

ニューヨークからおにぎり写真

ニューヨーカーもおにぎりが大好き。

ニューヨークに住む筆者も、おにぎり写真を投稿しようと考えています。そこで、日系スーパーにご協力いただいて、ニューヨーカーに人気のおにぎりを作る工程を取材させていただきました!

次々出来上がるおにぎり。

人気の鮭(Salmon)のおにぎり(Rice Ball)は、ホームメイドの鮭フレーク。塩辛すぎず、ふんわりと優しい味でした。

おにぎりの具材は、鮭、たらこ、明太子、ツナマヨ、スパイシーツナマヨ、昆布、梅、天むす、チキンのから揚げなど10種類以上におよび、バラエティーに富んでいます。

パリパリ海苔のおにぎり。

日本のコンビニと同じように、パリパリの海苔で食べられるおにぎり。1個1.99ドルから。

おにぎりを片手に笑顔のニューヨーカー。

ニューヨーカーにも人気のおにぎり。出来上がったそばから売れていきます。ニューヨークではおにぎりのことを、“Rice Ball”,“Triangle”,“Onigiri”などと呼びます。

お買い上げのところを、お願いして撮影させて頂きました。彼のお気に入りは「梅」。塩辛すぎずほんのり酸味の効いた梅は、アメリカ人にも評価が高く、売れ筋だそうです。

[取材協力:Dainobu ダイノブ East 47th Store]

おにぎりを食べて自分も笑顔になり、その写真をSNSに投稿して寄付に繋がるハッピーの連鎖。私たちで出来ること。気負わなくても、ひとつずつ、少しずつ、繋げていきたいですね。ひとりひとりの優しさこそが、世界を動かすパワーになるはずです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス