昨日2016年10月11日から「おにぎり」の写真をSNS上に投稿する人が増えております。理由はコレ!Twitterユーザーの ふじまさ@pororontamyさんが投稿した新聞記事にある「おにぎりアクション」が理由のようです。

「おにぎり」の写真を投稿するだけでアフリカやアジアの飢えで苦しんでいる子供たちのもとへ給食5食分の援助が届くそうです。これは、TABLE FOR TWO(テーブルフォーツー)というNPO団体が企画した「おにぎりアクション」というもので、昨年は5000枚以上のおにぎり写真の投稿があったそうです。つまりは、給食25,000食分が飢えに苦しんでいる子供たちのもとへ届いた事になります。

そしても今年も同じ内容で開催された「おにぎりアクション2016」ですが、今年は2016年10月11日から11月30日まで開催されており、昨日1日で約600枚ほどの「おにぎり写真」が日本だけでなく世界各国から届いております。

どんな「おにぎり写真」か気になったので見てみました。

↑その心意気に共感します!

↑これで、いいのです!これで飢えてる子たちの給食5食分

↑これぞ、おにぎり!という感じで美味しそう!

↑この海苔がご飯になじんでるあたりが本当に美味しそう!これでいいんです!いえこれがいいんです!

もう既にたくさんの「おにぎり写真」がSNS上を賑わせ始めております。筆者の好みで「ザ・手むすび感たっぷり おにぎり」の写真ばかりを集めてみました。ちなみに協賛している伊藤園さんの「お~いお茶」と「おにぎり」を一緒に投稿すると給食10食分の寄付になるそうです。

ちなみにカナダ在住の筆者も我が家の家宝であるタイガーの炊飯器でご飯をたき「おにぎり写真」を投稿しました(笑)投稿の仕方はいたって簡単ですSNSならハッシュタグ「#OnigiriAction」をつけて、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムにアップするだけです。その他、「おにぎりアクション」の公式ページから直接写真をアップロードできます。

全ては飢えで苦しむ子供たちのため・・・

Licensed by gettyimages ®

「テーブル・フォー・ツー」では飢えに苦しむ子供たちに給食を提供し続けています。この団体で給食を提供している地域は、東アフリカに位置するウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、ミャンマー、フィリピンの7か国だそうです。

日本で子供の給食費を払わない人もいるようですが、彼らの事を思うときっと恥じる事でしょう。

世界では、およそ7億9,500万人(9人に1人)が、健康で活動的な生活を送るために必要かつ十分な食糧を得られていません。
ーーーー中略ーーーー
開発途上国全体で6,600万人の小学生が空腹のまま学校に通っています。そのような子どもはアフリカだけで2,300万人もいます。

出典 http://ja.wfp.org

この「テーブル ・フォー・ツー」では給食を提供する事でアフリカやケニアの子供たちに大きな良い変化が表れているとうたっております。

【ルワンダ 給食の効果】
給食は、子どもたちの健康状態や勉強へのモチベーションを向上させていくだけでなく、給食運営に携わる親たちの姿勢も変えています。「私たちは、外部の人からただ支援されるのを待っているだけは、嫌なんだ。今では給食が子どもたちにとって本当に大切なものだとわかっている。だから私たちはこの運営に参加しているんだ」

「学校給食プログラムは本当に重要なもの。しかし、いつか終わってしまうのではないかという不安がいつもある。子どもたちのために、このプログラムをずっと続けていきたい。」「私の子どもの次の世代には、彼らや彼らの子どもたちが必要とするものに困らない生活を送ってほしい。そして、彼らの周りの困っている人たちを助けられるような人になってほしい。」

出典 http://jp.tablefor2.org

今回の伊藤園さん含む支援企業に対して大きな拍手を送りたいと思います。中にはイメージアップ効果のため・・と悪態をつく人も出てくるでしょう。イメージアップ効果だろうが、なんだろうが飢えに苦しむ子供が助かるのなら毎日だって企業にはイメージアップ効果を図ってもらいたいと思うのは筆者だけでしょうか。

この「おにぎりアクション2016」は期間中は何度でも「おにぎり写真」の投稿が可能だそうです。皆さんもぜひ「おにぎり写真」をハッシュタグ「#OnigiriAction」をつけて今すぐ投稿してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス