記事提供:しらべぇ

首都圏や大都市圏に位置する都道府県のほうが、地方よりも多くの収入を得やすいというのは広く知られていることだが、「貯蓄額」となると話は別。

香川県や徳島県、奈良県などの都道府県が例年上位にランクインし、大都市を擁するところよりも高い数値を出している。では、これが国家単位になるとどうなるのか? 「貯金好き」と評される日本人には少々信じ難いニュースに、ネット上が盛り上がっている。

アメリカ人の69%が貯金10万円未満!?

話題になっている調査を行なったのは、アメリカのサイト『Go Banking Rates』。成人7000人を対象に「銀行にどれだけ貯金があるか」と尋ねた結果、なんとその69%が1000ドル(約10万円)の貯金すらないと回答したというのだ。

細かく見ていくと、34%は貯金額がゼロ、69%が1000ドル未満と回答。貯金額が4999ドル(約52万円)以下のアメリカ人は全体の80%にも達するという。

一方で、貯金額が1万ドル(約100万円)以上あるのは全体の15%に過ぎず、お金に対する日本人との考え方の違いが浮き彫りになるデータだ。

アメリカは日本より遥かにクレジットカード社会が進み、今や現金を持ち歩かない人も少なくないと言われるが、その影響なのだろうか……。

日本人で「貯金ゼロ」の割合は……

ちなみに日本人の日本人による日本人のためのサイト「しらべぇ」の調査では、「貯金額がゼロ」と答えた日本人は全体の13.7%だった。男女比では、男性のほうが該当者が多く見られるという、ある意味想像通りの結果に。

肥満な人のほうが貯金ゼロ率高し

ちなみに、こんなデータも。体型で分類したとき、「自分はとても太っている」と答えた人が、他の体型の人よりも「貯金ゼロ率」が圧倒的に高かったのだ。

アメリカでは「太っている人は仕事ができない」と見なされることが多いと言うが……それに加えて、彼らは「貯金もできない」のかもしれない。

リーマンショック以降、格差がさらに広がったと言われるアメリカ。しかし、日本の例からもわかるとおり、収入以上に貯金額に影響を与えるのは、「お金の使い方」だろう。

貯金残高を増やしたい人は、アメリカの格好いいライフスタイルではなく、香川県や奈良県の堅実なそれを参考にしたほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→「貯金額が0円」な人 その理由と挽回のチャンスとは

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20~60代の男女1353名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス