先日、大手広告代理店の新入社員の女性が過労により自らの命を絶つという事件が労災認定され、世間の注目を浴びました。彼女は月に105時間以上の残業をしていたそうです。

さまざまな状況が重なり、精神的にも肉体的にも追い詰められた結果だと思いますが、本当に痛ましい事件です。

残業を全否定するわけではありませんが、やはり過剰な残業は改められるべきだと私は考えます。

そこで、私の知人も働いている岐阜県の未来工業株式会社について皆さんにご紹介したいと思います。

残業禁止!

未来工業では、一切の残業は禁止です。
前社長の山田昭男さんは「時間内に業務を終わらせるため考えなければならない。常に課題をもつことで仕事への提案力も増す為」とその理由を話しています。

営業ノルマなし!

営業ノルマは一切ありません。
変なプレッシャーに追われることなく働くことができます。

業務を改善するアイデアを1件提案するごとに500円を支給

会社をよくするアイデアを提出すると500円支給されます。社員全員が積極的にアイデアを出すことで業績がよくなるという仕組みになっています。

年間休日140日以上!

年間休日は140日で、その他に有給休暇も気軽に取得できます。
私の知人は、子どもの授業参観に皆勤です。未来工業ではそれが当たり前という雰囲気なんだそう。

ちなみに2016年の冬季休暇は上の図の通り17日間です!
海外旅行にも余裕で行けます。

社員の平均年収は600万円!

残業がないから給料も低いのでは?
そんなことありません!
社員は全員正社員、平均年収は600万円です。

育児休業は3年!

育休は3年。じっくり子育てに専念できます。
男性でも保育参観などに、気軽に行くことができます。

社員旅行は海外へ!

全額会社負担で海外旅行へ。

くじ引きで行き先が決まったり、クフ王のピラミッドの貸し切りを申請したり、旅行がとってもユニークです。

山田 ユニークという点では、かつて実施した海外旅行のミステリー旅行もその1つに挙げられます。最近でこそ、旅行会社が開催するようになりましたが、旅行会社が開催する以前から、当社の社員が考えて実施しました。

800人の社員がいますから、旅行委員が800人分のあみだくじを作りました。全員が、くじをひいて開けてみると、A、B、Cと書かれています。そして「何月何日の何時にマイナス5度とプラス30度の気候に対応できる服を用意して集合」と書かれているわけです。

旅行当日、空港に集合すると「君はAだからパリ」「君はBだからフロリダ」「Cのあなたはハワイ」だと行き先が明かされます。Aのくじをひいた社員はパリに行きますから、プラス30度を想定した旅行カバンは旅行会社に預けて、マイナス5度を想定したカバンを持って旅行に出かけました。

出典 http://www.gifu42.net

どこに行くのか当日まで分からないなんて凄すぎます。

とにかく会社の方針が素晴らしい!

「社員への考え方」  当社は、社員の「やる木」を育てることを経営の柱にしています。

1日の大半を過ごす会社で、何から何までがんじがらめでは、社員はそんな会社のために努力しようという気が起きてくるはずもありません。そのため、当社は、外せる制約はできるだけ外そうと考えています。

具体的には、作業服は自由にしました。1日の労働時間は7時間15分、年間休日日数は約140日という日本有数の休みが多い会社です。

ところで、個人の能力はまちまちです。個々人の能力に差があるのは仕方ないことですが、各々が持っている能力を100%発揮して、皆が力を合わせていくことが大切だと考えています。

また、社員はプラス思考をすることが大切だと考えています。経験則もないのに「もしも?・・・」というマイナス思考は禁句です。先ず、実行し、その先で万一問題点が発生した時にはその改善をする考え方が、会社発展の基本線です。

そして、何よりも、社員の自主性を尊重します。

                             総務部長 川瀬 渉

出典 http://www.mirai.co.jp

ところで未来工業って何をしている会社なの?

住宅やオフィス、工場などで使われているコンセントや電気ソケット、配線器具などの電設資材を製造販売している会社です。業界内での評判も上々。

未来工業では、残念ながら現在は採用を行っていないのですが、欠員が出た場合は採用があるとのこと。

尚、創業者の山田昭男さんは2014年7月30日、82歳で亡くなられ、現在は息子の山田雅裕さんがその意思を次いで、より素晴らしい会社作りをされてみえます。

やりがいを持って働こう!

世の中にはたくさんの会社があり、経営方針も千差万別です。やりがいを持って、生き生きと働ける職場って素敵ですよね。

あなたは自分の会社が好きですか?

この記事を書いたユーザー

たまんが このユーザーの他の記事を見る

国連関係の仕事に携わっています

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス