現在Twitterを中心に話題になっているカードゲーム「ひらがなポーカー」。
スマホ全盛の現代になぜアナログなカード遊び?と侮るなかれ。カードを自作して遊んでいる人がネット上に続出し、そのシュールな面白さが話題となっています。
そんな中「もっとしっかりしたカードで本格的に遊びたい!」との思いから立ち上がった、ひらがなポーカー専用カードをつくるプロジェクトがCAMPFIREでスタートしました!

「やってみたい!」の声が次々と

ひらがなポーカーのルールは簡単で、ひらがなが一文字ずつ書かれたトランプ型のカードをよく切り、参加者に5枚ずつ配布。手持ちのカードを並び替え5文字以内の言葉を作り一番面白かった人の勝ち、というもの。
ひらがなの文字列で面白い言葉をつくるという、まさに単純極まりない遊びなんですが、これにハマる人が続出!

「!」「これは・・・楽しすぎる!」
想像を遥かに超える偶然の言葉の産物に、家族、友達との時間があっという間に深夜になることもありました。

出典 https://camp-fire.jp

しかし、ひらがなポーカーはまだ製品化などされておらず、遊びたければカードを自分で作るしかなかったそう。
自作するとはいえ、トランプのような用紙は手に入りにくく、また五十音に濁点、半濁点を全て1枚ずつ用意するとなるとカードは2倍近いボリュームに…!

それらの問題やルールもふまえ、遊ぶ上でのこだわりを詰め込んだこの特別な「ひらがなポーカー」専用カードでは、濁点による枚数問題を解決する「透明カード」やジョーカーのように代用できるワイルドカード「○」、ネット世代には欠かせない「草カードwww」を導入。しかも、これらを実際のトランプ制作メーカーに依頼するという徹底ぶり!

クラウドファンディング募集は10月末まで

カードのデザインも日本をイメージしたようなスタイリッシュさがかっこよく、パッケージ裏面には支援者の名前(ID)を入れてくれるそう!(支援額5,000円の場合)

インターネットが主流の現代に、友達と、家族と、大切な人と顔を合わせて笑いあえる喜びを感じることができる素敵な「ひらがなポーカー」。気兼ねない付き合いの仲間たちとぜひ遊んでみたいですね!

クラウドファンディングCAMPFIREで10月末まで受付中です。
気になる方はお早めに〜!

この記事を書いたユーザー

Fundit このユーザーの他の記事を見る

Fundit(ファンディット)は、世界中から選りすぐったクラウドファンディング情報をお届けするサイトです。 世の中を便利にする最新ガジェットからお洒落なファッションアイテムまで、一歩先行くアイデアや商品を消費者目線で紹介しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス