シイタケ食べたら どんな体にいい効果がある?

RIMG2931
by vaboo.com

ざっと挙げていくと、代表的な効果としては以上の五つが挙げられます。

・血液サラサラ
・動脈硬化や高血圧を予防
・骨を丈夫にして、骨粗しょう症予防
・ダイエット効果もあり
・免疫力の活性化

いずれも、身体の健康を守っていくうえで必要なことばかりですね。

シイタケを食べるといろんな効果が!

Licensed by gettyimages ®

シイタケには『エリタデニン』という成分が含まれており、『エリタデニン』には血中コレステロール量を低下させる作用があり、動脈硬化や高血圧予防に役立つといわれています。
この『エリタデニン』はキノコ類の中でもマッシュルームとシイタケにしか含まれていません。マッシュルームにはごくわずかしか含まれないので、効率的に摂取するにはシイタケのほうがおすすめです。

また日光にあたると、ビタミンDに変わるエルゴステロールという成分を多く含んでいるので、食前に30~60分天日に干すことで、ビタミンDは倍増します。ぜひ試してみて下さい。

一緒にカルシウムを含む食品を摂ることで、骨粗しょう症の予防効果が高まります。他にも、脳神経の発育にも欠かせない大事な成分です。ビタミンDが不足すると、イライラしたりやる気がなくなったりします。積極的に毎日の食事に取り入れていきたいものですね。

シイタケは食物繊維豊富で脂肪を体外へ排出し、腸の働きを活発にしてくれます。食べ過ぎによる副作用はありませんが、食物繊維を多く含んでいるがゆえに下痢の時に食べると腸を刺激して下痢が悪化することがあります。お腹の状態と相談して食べて下さいね。

カロリーも低く、ダイエットにもお勧めですが、油を吸収しやすい性質があるので、油を使わない調理方法が良いでしょう。

シイタケに含まれるビタミンB1には整腸の働きがあり、ニキビなどの肌荒れを予防してくれます。他にも、血液を増やすのに必要なビタミンB12も含まれており、貧血予防や肝臓を強くする効果もあります。また、免疫力を活性化してくれる、β‐Dグルカンも含まれています。

特殊な成分としては、『レンチナン』という成分が含まれており、抗がん作用があることが確認されています。

シイタケのスパイスチーズ焼き レシピhttp://www.recipe-blog.jp

この秋冬からでも、上手にシイタケを食事に取り入れていきたいものですね。

この記事を書いたユーザー

Kenilworth このユーザーの他の記事を見る

老人ホームで働きながら、小さなマンションで犬・猫と暮らしています。植物を育てたり、プチプラ雑貨に手をくわえて飾っては楽しんでいます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物

権利侵害申告はこちら