新米は水分が多いのです。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

古米に比べて水分が多いので、同じ水の分量で炊くとペチャペチャになります。
なので、ほんの気持ち、水を少なくして炊くのがコツです。
ただそれだけなのです。

お米も色々

出典 http://www.amazon.co.jp

最近の炊飯ジャーは、お米の種類、新米、古米によって炊き方を調整してくれる機能がついてるモノもあるのです。
自信の無い方、メンドクサイ人は、それでイイと思います。

水にこだわるなら

出典 http://www.amazon.co.jp

こだわるならば、お米の産地と同じ地域の水、または近くの水がイイのです。
ブランド米の農家さんは、開発中は近くの水で美味しく炊けてるのです。
最近は炊飯器が優秀なので、水道水でも美味しく炊けると思いますけどね。

これが一番だと思う。

出典 http://www.amazon.co.jp

個人的には、新米の一口目は、ゴマ塩が一番おいしいと思うのです。
ごはんの甘味を感じるのです。

農家さんから直買いできる時代なのです。

お米、
スーパーとかで買うよりも、
米農家さんやお米屋さんから買った方が美味しいに決まってますよね♪
色々なところで収穫されたモノを混ぜられるよりも
生産者がハッキリしていたほうが安全です

1カ月以上前のブログだけども、お米を直接買える農家さん、通販サイトに登録している農家さんの一覧を作ったことがありました。
生産方法、ブランドにこだわっている農家さん、新規顧客開拓のために、セールス合戦している時期なのです。もう終盤ですけど。笑

こだわっている農家さんのお米、最もセールスをしているのは1年の顧客が欲しい8月9月なのです。
1年分の定期購入とかで契約すると、スーパーの安売り日を狙って買うよりも割安なのです。
こだわり農家さんが、どこかのデパートに一斉に集まってPRするイベントは8月8日の「お米の日」なのです。
「8」のつく日もお米の日としているのです。
土日と8が付く日が重なると、だいたいのスーパーの公告でお米がセールなのです

誰が生産したお米か分からないように農協でブレンドされたモノよりも、生産者がだれなのかハッキリ分かった方が安心安全なのです。

ちなみに、もう農家さんから直接お米を買っている私のところには、時期になると、連絡がくるので忘れないのです。
だいたいのお米農家さんは、毎月少しずつ精米したてのお米を届けてくれるスタイルなので、いつも精米したてを食べれるのです。

今のうちから農家さんと仲良くしとくのです。

出典 http://www.amazon.co.jp

ブランドとか生産方法にこだわったり、一生懸命に営業を頑張る農家さんは、TPPによって強くなるのだと予測できるのです。
でも、補助金を目当てにしている農家さんたち、TPPの内容によっては生産をやめてしまう可能性があるのです。
国産米、一般庶民の経済力では食べれなくなるぐらい高くなる可能性もあるのです。
輸入米のみの食卓になるのです。

Licensed by gettyimages ®

なので、今の内から、仲良くしといたほうがイイのです。
個人農家で生産できる量は、限界があるので、早い者勝ちなのです。
農村地域の人たち、義理堅い人が多いので、お米が高くなって買えず困ってからでは遅いのです。

ちなみに、
お米で有名な新潟県。
お米のお菓子の会社が多いのです。
ただ、新潟県にある菓子メーカーだからといって、勝手に美味しいコシヒカリを使っていると思い込んでいるのだけど、産地表示を見ると、「一部米国産、中国産を含む」と書かれている商品が多いのです。
「おもち」「鏡餅」も同じなのです。

それだけ加工用の米を生産する農家が少なくなってきているという事です。

自信がある農家さんは、直売する人が多くなってきた背景もあるんのです。
すでに外食で使われている米は、ほとんど国産ではないのです。
スーパーやコンビニで売っている弁当に使われている「ごはん」も、輸入米の使用が増えているのです。

一番アレなのは、旅行先の「駅弁」なのです。
旅先の地の食材が使われているから、ご飯も当然だと思ってますけども、産地表示を書いてる商品を見ると、国産ではないのです。
放送が頑丈な弁当、産地表示のラベルが商品の裏だったりして、食べる時に剝がしてしまうから、ボケーっとしてると気付かないのです。
せっかく旅行にいくのだから、産地がしっかりウリとなっているモノを選ぶのです。

ついでですが、
お土産、旅行先の産地だと勝手に思っているけども、全てが地で作られているとは限らないのです。
私は、全国のアイドルさんを見るために日本中を旅するときに、せっかくだから旅行や泉温のブログを書く目的で老舗旅館、話題のホテルに泊まってきてるので書けるのです。
温泉饅頭、国産ではないモノが多い。笑
箱には輸入国が書かれているのだけど、宿泊するときにサービスで置かれている中身の包みには表示が無いのです。
国産であったとしても、ほとんどは東京都内か愛知県が生産地なのです。
こういう書き方をしていると、写メを貼り付けると訴えられそうだから、ここには貼れないですけど、全てを高画質のカメラで撮影しているので言えるのです。

私が別のブログで写メを貼っている宿泊先の饅頭は、相手の宿泊先の関係者が気が付いた場合、産地が正常に戻りつつあるようですけどね・・・


誰でも気軽に商品のアレコレを書き込まれてしまう今は、ダメな事があると、即、ネットで広がってしまうので、その商品をウリにしている会社は、苦情が来ないように、クレームが来ないように、普通の小売店と比べられないぐらい商品品質に気を遣うのです。

なので、お米が主食の人は、米がメイン商品の会社か、農家さんからダイレクトに購入した方が安心安全なのです。
定期購入にしておくと、スーパーよりは割安でなのです。
通販だから届けてくれるのです。
発送直前に精米するとかのサービス合戦もスーパーではやってないのです。
もう少し拘れる人は、米と水は同じ地域のモノがイイのです。

この記事を書いたユーザー

マッキー太郎 このユーザーの他の記事を見る

現在。自宅で両親の介護生活。外に出る機会が少ないので買い物は通販がメイン。田舎なので家庭菜園もしてます。元々は音楽お仕事をしています。自宅にラジオ番組収録にも提供している録音、録画、放送、演奏などができるスタジオがあります。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス