読書ノートの良い所

買い物に行くのに買い物メモを持っていく人が多いのに、本屋さんで読みたい本を書いてくる人が少ないのは、なぜでしょうか。

なぜなら、自分の読んでいる本の傾向や自分の知りたい事、自分のことが分からないからだと思うのです。

読書ノートをつければ、この問題は、良い方向に向かうと信じています。

次回本屋に行くときは、自分の探している本、読みたい本、見つけたいジャンルを心に決めて、ぜひ迷わず、自分の買いたい本を買ってみてはどうでしょう。

読書ノートのきっかけ

読書記録をつけ始めて、3年になります。

きっかけは、新聞記事に

「ある女性作家が幼い頃、母が読んだ本をノートにまとめていてくれた」

という記事を読んだことを覚えていたからです。

私も娘が幼稚園に入り、園で本を借り始めてから、読書記録をとり始めました。




当時は、今程本を読んでいなかったので、カレンダーに書き込んでいました。


ノート形式にしたのは、自分で図書館に通い始めてからです。


奥野宣之さんの読書ノート術

さて、読書ノートといえば、著書「読書は1冊の本でまとめなさい」で知られる奥野宣之さんではないしょうか?

彼の場合は、

ノート=情報

とう形にしていて、その情報管理の仕方がとても独創的で、しかもそのノート量が膨大なことには大変驚かされました。しかもアナログ(手書き)とデジタル(パソコン)の両方で管理している徹底ぶりです。

一般的には、読書ノートは、本の感想や内容をまとめるということに重点が置かれていますよね。


さて、
読書ノートは、記録したり、まとめるだけでなく、読み返すことが大切


ということは、大いに私も共感するところです。

 実際に、小3の娘もときどき私の読書ノートを見て、

「この本おもしろかったよね。」

とか

「また、この本が読みたいから、借りてきて~」

と親子で話をしています。

私も娘も自然に好きな本や作家、ジャンルが分かり、読書量が増えました。

間違えた図書館に本を返却したことはありませんか?

現在、図書館を始め4カ所で2週間に24冊を借りている私の場合、どこに何の本をいつまでに返却したりするのかを把握するのに、常にノートを読み返しています。

また、図書ボランティア活動やブログを更新する時などに

「あれ?あの本なんだっけ?」

というときに読書ノートが大変役に立ちます。

手書きノートのデメリット

手書きノート(アナログ)のデメリットは、ずばり時間がかかるということ。
確か、この辺に書いたはずといって、ページをペラペラするものの結局は、パソコンでキーワードを入れて本を探した方が早かったりしたりすることもあります。

しかしながら、ノートで記入する際に手と頭を使っているので、電子機器を使って記憶するよりも記憶は残っている気がします。(前述の奥野さんも著書で同じことを言っています。)

読書ノート=考えの引き出し

まとめると、

読書ノートとは、これを使って、自分の考えを深めたり、次の本に繋げたりと、この素材を使えば、自分の考えがいかようにも料理ができる素晴らしいノート

と言えるのではないでしょうか。

私の読書ノート術

さて、私の読書ノートの書き方は

①お姉ちゃん(小3)の読んだ本(前から使う)※週6冊くらい
②息子(2歳)の読んだ本(タグをつけ、真ん中から使う)※週1、2冊くらい
③私の読んだ本(後ろから使う)※週1、2冊ですが、ポイントをまとめるため、分量は多め

内容は、
借りた図書館名

日付(返却日)借りた日でなく、返却日を書くのは、間違えて他の図書館に返却するのを防ぐためです。(お恥ずかしながら、間違えて本を返却してしまったことも何度かありました。)ちなみに、借りた日には、図書館からレシートを発行してもらえるので、いつ、何の本を借りて、いつ返すかは、分かるようになっています。定期入れに図書カードと一緒に入れています。

本の題名

作者、絵を描いた人

他自由に・・・。気に入った言葉や著者紹介に紹介されている本

※以前、トニー・ブザン著「ザ・マインドマップ」を読んだ影響もあり、読んだ本のポイントや次に読みたい本、テーマなどはマインドマップ形式にまとまっています↓(写真)

マインドマップ式に本をまとめるとこうなります。

出典 http://ameblo.jp

お姉ちゃんは天才児!?~子育て読書な絵日記帳たまにワーホリ~より
以前、図書ボランティアでブックトークをした時に、「マインド・マップ」形式で本を紹介したものです。絵や色を使って、わかりやすくまとめました。

次に読みたい本やリクエスト本
(日付を一緒に書く。)



ノートの巻頭には、図書カード番号
が書いてあります。このようにしておくとパソコンで本のリクエストをする時に便利です。

※お姉ちゃんのノートには、

本のリスト

を書きました。

こんな風に使っています↓

出典お姉ちゃんは天才児!?~子育て読書な絵日記帳たまにワーホリ~より

私の読書ノートです。お姉ちゃんの好きなあんびるやすこさんの本の一覧を書きました。

タイトルを調べて書く

返却日を記入

次に借りるときの参考にしています。

※同作家のシリーズものの場合、タイトルが似ているものが多く、しかも沢山の本が出ているので重複して借りないようにこうしています。(図書館の場合は、読みたい順に本があるとは、限らないのでー。)

使い方ですが、基本的には、このノートを図書バックと一緒に入れて、返却時に図書館の机で(30分くらい)書きます。


図書館でしかも返却前という状況

なので、ノートに集中することができます。)また、万が一、図書ノートを忘れた時にも、返却ミスを防ぐために手帳に記入をします。

では、今日はここまでー。
次回もお楽しみに☆

Yuko

この記事を書いたユーザー

Yuko このユーザーの他の記事を見る

小学生のお姉ちゃんと保育園児の息子の二人の子どもを持つ母です。
 お姉ちゃん、弟、私と本が大好きで、私は仕事帰りに図書館へ通い、沢山の本を借りています。家族で好きな本は、面白い絵本です。お姉ちゃんは、魔女系の本(ファンタジー)が好きです。
 私の趣味は、読書に料理、絵や文章を書くことも大好きです。独身時代はオーストラリアやニュージーランドにワーキングホリデーで長期滞在をして、ラウンドなどしたりしました。

どうぞよろしくお願いします☆

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス