頭皮が痒くてフケまで出てきた・・・

それは「薄毛の前兆」です!

Licensed by gettyimages ®

毎日シャンプーしてるのに、なかなか治らない頭の痒み。仕事中も痒くて気になり集中できないなんてことも・・・

頭皮の痒みは「薄毛の前兆」と言えます。気付いた時に正しくケアしないと、どんどん悪化が進んでしまいます。ここで一度、普段の生活習慣・頭皮ケアを見直していきましょう。

その痒みは「マラセチア菌」が原因かも!?

「マラセチア菌」とは?

Licensed by gettyimages ®

マラセチア菌とは、頭皮の皮脂を栄養素にしている菌です。
生活習慣や普段の食生活など、様々な要因で皮脂の分泌量は増減しますので、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、その菌が異常に繁殖することになってしまいます。

マラセチア菌が繁殖することが原因とされ、炎症を起こして頭皮が赤くなったり、痒みが出てきます。これらの原因を踏まえて、頭皮のフケや痒みを悪化させないために気をつけるべきポイントを考えてみましょう。

秋冬は特に注意が必要

頭皮への潤いと、正しい洗髪がカギ

Licensed by gettyimages ®

頭皮の痒み、フケを悪化させないためには、頭皮の乾燥を避けることが大切です。洗髪後に育毛剤を使って加湿をするなど、頭皮に潤いを与えることが大切です。

頭皮の乾燥していると感じる場合や、頭が痒い時には、「保湿力を高める育毛剤」がおすすめです。すでに炎症を起こしている頭皮には、低刺激で無添加、「ノンアルコールの育毛剤」を使いましょう。アルコール(エタノール)成分が多く含まれる育毛剤を使用してしまうと、頭皮の水分を蒸発させてしまい、乾燥した頭皮を更に乾燥させてしまう恐れがあるからです。

痒みのイライラから解放!

毎日の丁寧な頭皮ケアが悩みを解消させます!

Licensed by gettyimages ®

頭皮の痒みは「薄毛の前兆」です。頭皮を清潔にしていれば痒みは出てきません!

最後に!特に気を付けたいポイントとして、お風呂上りで髪の毛が濡れた状態のまま放っておくことは絶対NGです。放置しているとマラセチア菌が増殖して頭皮湿疹を起こしてしまいます。
保湿するための育毛剤は、まず低刺激のものに絞って選んでみると良いでしょう。肌に合わない場合は、使用後でも「全額返金ができる育毛剤」を選ぶことがポイントとなります。

この記事を書いたユーザー

Fusao このユーザーの他の記事を見る

20代後半から薄毛と抜け毛に悩みはじめ、あらゆる頭皮ケア対策をしてきました。実際にやって成功した体験・失敗体験などをまとめて発信していきます!

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら