先月2016年9月に電通が広告主に2億3千万円も不正請求していた事が発覚し、事実上、電通もこれを認めました。各メディアがこぞって報道していたので皆さんの記憶にも、まだ新しい出来事かと思われます。

また、電通では昨年2015年12月に東大卒の女性社員が過労のため自殺をした事件がありました。労働基準監督署では彼女の死は過労死として認めております。実はこの女性がいた部署は、今回の不正請求に関連する部署だったのです。

この女性は亡くなる前、Twitterに1日睡眠時間が2時間ほどしかない事を明かし「これが続くなら死にたいな」「死んだほうがよっぽど幸福」と記していました。

今回は、筆者がいつも哲学の指針とさせていただいている、元電通マンの藤沢 涼さん(現在、株式会社Lamir 代表取締役)が、電通の不正請求と過労死の繋がりについて赤裸々に語っており、どうしてもこの事実を多くの方に知ってもらいたく、藤沢さんのご承諾を頂いたうえでご紹介させていただきます。

■以下、「私」=「藤沢さん」の事を指します。

私が電通に入社する10年前、当時入社2年目の社員が過労を苦に自殺したことを受けて高裁が、電通に1億6800万円の支払いを命じるという「電通事件」が起こりました。(判決が出たのは、私が入社する1年前の2000年)

従業員の過労自殺に関わる損害賠償請求に関し、因果関係を日本で初めて認めた、重大な事件です。その反省をして環境改善していると期待し、新入社員として働き始めた私に突き付けられた現実は、想像を絶するような、地獄の日々でした。

「おまえは奴隷だ、発言権は無い。」

「終わるまで帰るな、寝るな。」

「おまえに残業をつける権利があると思うな。」

業務中に、突然、殴られ、蹴られ、恫喝される。軍隊のような異常な縦社会の中で、根性を叩き込むのが正義であるという文化が、目の前にあったのです。

そして、悲劇は繰り返されました。

2015年、東京大学を卒業して電通に入社した女性社員(当時24歳)が、同年のクリスマスに、社員寮から投身自殺したのです。彼女は、インターネット広告を扱う部署、つまり、先日発覚したトヨタなどへの不正請求に関連する部署に所属していました。

テクノロジーの進化が人間のリテラシーを超え、マネジメントが追い付かない中で、電通は古い体質を脱さないままに根性で乗り越えることだけを若い社員に求め、「不正請求」や「過労死」を起こしたのです。

亡くなった彼女のTwitterを見ると、「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「会議中に眠そうな顔をするのは管理ができていない」「髪ボサボサ、目が充血したまま出勤するな」「今の業務量で辛いのはキャパがなさすぎる」

辛辣な言葉を上司から浴びながら、毎日早朝までの長時間残業に耐えていたことがわかります。これらが有力な証拠となり、労働基準監督署も早期に、「過労死」と認定することになったのです。

私は、電通退社後、「電通の闇」「日本の闇」であると捉え、様々な観点で情報発信し、問題提起してきました。「過労死」が、国際語「karoshi」になるという、恥ずかし過ぎる日本社会の現実に関しても、一刻でも早く変えなければいけないと願ってきました。私のメッセージが彼女にも届いていれば、彼女の命を救うことができたかもしれないと、自分の力不足を悔やんでいます。

電通で同じような苦しみを味わった私と、彼女にもし接点があれば、私の叡智を、彼女に授けることができたのですが、、、東大を卒業し、電通に入社するという人生は、一般的には、「勝ち組」だと思われるでしょう。

しかしながら、そこには本当の幸せが無いことを、私は知っています。一流大学、一流企業というレールには、もう、過去のような幸せはありません。時代は、大きく変わっているのです。それでも、変わらぬ一般常識の中で、社会的な体裁の良さと現実のギャップに社員の心はどんどん破壊されていき、逃げ出すことさえできず、刃が自分に向かうのです。

これからは、組織に属さずに、個人がそれぞれの幸せな生き方を自由に選択できる時代です。だからこそ、電通を脱藩した私が、自分の生き様を通して、時代の変化を社会に示していきたいと考えています。

そして、これ以上、尊い命を自ら絶ったり、心身を壊してしまう犠牲者を出さないように、引き続き、情報発信力を磨いて、社会に提言を続けていきたいと思います。

あなたのお力を貸してください!

いかがでしたでしょうか?筆者は、このメッセージを拝見したとき、東京に住んでいた頃に通っていた会社の親会社の社員が過労死で亡くなってしまった事を思い出しました。そして、決して繰り返させてはならないと強く感じ、藤沢さんにコンタクトを取らせて頂きました。

電通だけの事ではありません。皆さんの旦那様、または大事な家族は大丈夫ですか?風化させてはいけない事です。この記事が皆さんの大事な人を救うきっかけとなってくれたらと思います。

最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

本記事の引用元、藤沢さんのプロフィール及びブログ
↓↓↓

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら