転職「アプリ」みなさんご存知?

この夏転職した。

友人に、「アプリで」というと驚かれる。
知らなかった、と。

そして、これを読んでる皆さんも同様かもしれないが
あまりよいイメージを持たれていないのでは?

そう、転職があたりまえの時代。

とはいっても、多くは転職サイトを経由しての応募かと思います。


転職を頭の片隅に置かれているあなたは、
どのように転職しますか?

アプリとの出会い、あとは中身。

多くは語るつもりありません。
評判なんて色々あるだろうけど、
知って欲しいのは手軽な方法があるということ。

しかし、転職関係のサイトやアプリは
もちろん登録されている会社の規模・業種が様々。

あなたの経験と、使う転職ツールの特徴を見極めてほしい。

皆さんはSNSを使用しているだろうか。

転職アプリ「キャリアトレック」
「フェイスブックの広告」です。



使い始めと慣れるまではだいぶ胡散臭いです。

これを使って転職して言える結論。
「あなたの経験によっては
非常に楽に転職活動を進めることができる」ということ。

このアプリで繋がれたのが企業の
「斡旋担当者」にもつながるから。


斡旋担当者??なに?

斡旋担当者、つまり「転職エージェント」です。

複数転職エージェントを利用しましたが、
その種類は様々。
あなたの年収を考慮してくれます。


転職エージェントはアドバイスをくれて、
さらに企業に対して「推薦状」を発行してくれます。

だから、希望に近い上に、選考が通りやすい。

キャリアトレック!簡単🎶

なにより簡単だったのは

「LINEみたいに」
チャットのようなカタチで

担当者とやりとりができること。


楽です。

ただ簡単なだけに、
担当者の自分に対してのアプリ応対も色々あって面白い。

メールとも、転職サイト内やりとも違います。

そこで企業を見極めるのもひとつです。


「あらゆる企業は優秀なあなたを狙っています。」

ただ、星の数ほどの転職者がいる中で
最初に手を挙げるのはあなたです。

手を挙げるといいましても、
「転職ツールに登録」したり、
あるいは「今の会社をでる決意」をしたり、です。


可能性のあるツールはとにかく利用してみることをオススメします。

注意点。時期だけはざっくり決めとこう。

在職中に転職を決めちゃうのが賢いです。

しかし、転職希望時期はざっくり決めとくことをオススメします。

何故なら理由は簡単。
「手軽に繋がる担当者も 人 」であり、
「人を採る・企業と結びつけるのが仕事」だからです。

時期をきちんと決めて、
動こうとする在職中求職者が
斡旋担当者のターゲットです。

最初に接触するのは転職エージェント・斡旋担当者で
その後アドバイスを受けて書類選考、面接となります。
書類選考の時に推薦状を書いてもらえます。


言い切りますが、
あなたの最初の出方次第で対応がガラリと変わります。

だから最低限、時期は決めておきましょう。

この記事を書いたユーザー

のほほん このユーザーの他の記事を見る

アメブロ歴4年♡気づいたら大好きな本やお絵かき、音楽についての記事や、毎日の日記がわりのブログ記事を楽しんで書いていました♡

得意ジャンル
  • 音楽
  • グルメ
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス