そもそも、ボージョレ・ヌーヴォーって?

実は、ボージョレはフランス・ブルゴーニュ地方の最南部にあるワイン産地のことで、ヌーヴォーはフランス語で「新しいもの」を意味します。

つまり、ボージョレ・ヌーヴォーは、【 ボージョレという地区で、その年に収穫された新しいブドウで造られる新酒 】を指すのです。

出典著者撮影

11月の第3木曜日に何があるの?

最近、良くテレビや雑誌で目にする「 11月の第3木曜日 」というワードですが、この日はフランス政府が定めた、【 ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日 】なのです。
 
こちらの解禁日は、世界共通となっているため、日付変更線から近い日本では、いち早く新酒を堪能出来るとあり、毎年話題になっているのですね。

ちなみに、ヌーヴォーは本来、その年の収穫を祝うための地元消費用のお酒でしたが、市場人気の高まりとともに、生産者が出荷を急いだ結果、粗悪なワインが出回り、見かねた政府が解禁日を設定したのだそう。

つまり、解禁日は【 ボージョレ・ヌーヴォーの品質を守るための決まり事 】だったのですね。

出典著者撮影

ワイン初心者でも飲める?

答えは、Yesです!
使用される品種は【 ガメイ 】という、比較的苦味が少なく、とても飲みやすい味わいが特徴の黒ブドウです。

実は、ワインの苦味は、果実の種子に含まれるタンニンが一因となっていますが、こちらのヌーヴォーは、果実を破砕しないため種子は潰れず、苦味が抑えられたワインが完成するのです。

グラスから溢れ出す、いちごキャンディーのような、甘くてチャーミングなアロマに魅了され、ワイン初心者の方でも思わずグビグビと飲んでしまうかも!

出典著者撮影

どんな料理と合う?

ワインの世界では、ワインと料理を合わせることを【 マリアージュ 】と表現し、楽しまれています。

そこで、今回はヌーヴォーにマリアージュする、オススメの料理をご紹介します!

まずは、ホクホクのジャガイモとチーズをたっぷり使用した、ポテトグラタン。ヌーヴォーの果実味と柔らかな苦味が、ジャガイモの甘味へアクセントを加えます。これからの肌寒い季節には、ピッタリですね。

そして、旨味たっぷりのベーコンやキノコ、玉ねぎを盛り込んだ、具沢山のオムレツにも好相性です。冷蔵庫の余った食材を入れるだけなので、とても簡単ですよ。

なんと、意外や意外、魚料理にも良く合うのです。オススメは、マグロやカツオなどの赤身の魚。ヌーヴォーの軽やかな味わいが、血合いの旨みと絶妙にマッチします。

マリアージュのコツは、ワインを調味料の1つとして考えることです。
ぜひ、今年のボージョレ・ヌーヴォーは、さまざまな料理とのマリアージュへ挑戦してみてくださいね!

出典著者撮影

ポテトグラタンに、オリーブとローズマリーを添えても美味♪

【 おまけ 】日本にもヌーヴォーってあるの?

実は、日本でも美味しいヌーヴォーが造られているのです。
今回は、筆者オススメのワインをご紹介いたします!

☆シャトー酒折ワイナリー 甲州にごり 2016

生産者:シャトー酒折ワイナリー
生産国:日本 山梨県甲州市 酒折地区
品種 :甲州

にごりワインとは、果実のみずみずしさを残すために無ろ過で造られる、この季節限定のフルーティーなワインです。山梨県の中でも、特に日当たりの良い土地で育まれた、果実味たっぷりのブドウが織り成す、至福の味わいをお楽しみ下さい。

★ルバイヤート マスカットベーリーA 2016

生産者:丸藤葡萄酒工業株式会社
生産国:日本 山梨県甲州市 勝沼町
品種 :マスカットベーリーA

明治23年から続く、歴史あるワイナリーです。日本を代表する黒ブドウ品種、マスカットベーリーAを使用した、少し重めの仕上がりが特徴的な1本です。赤いベリーのようなフレッシュな味わいなので、繊細な味付けの和食にも良く合いますよ。

今回ご紹介した以外にも、全国各地でたくさんのワインが造られているので、スーパーや百貨店の売り場をチェックしてみてくださいね♪

この記事を書いたユーザー

ayano このユーザーの他の記事を見る

ワインをこよなく愛する、食いしん坊OLです。
大阪を拠点に、地元の絶品グルメを求めて、全国へ出没します♫

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス