コーヒーの飲み方として、牛乳を加えるのは定番のひとつ。カフェや喫茶店などのメニューに並んでいる、カプチーノ、カフェラテ、カフェオレ……といった飲み方はどれもコーヒーと牛乳の組み合わせです。イタリア語のラテ、フランス語のオレ、ともに牛乳の意味ですね。作り方と呼び名の関係……いつも忘れてしまいます!

普通のコーヒーかエスプレッソか

コーヒーとミルクを組み合わせた飲み方は、まず使用するコーヒーの抽出方法で分類することができます。カフェオレはドリップ式抽出を行った一般的なコーヒーを使用、それ以外のカフェラテなどはエスプレッソ(イタリアでおなじみの濃い~やつ)を使用します。

つまり、カフェオレとカフェラテの違いは、

一般的なコーヒーと
・ミルクを混ぜると ……カフェオレ

エスプレッソと
・ミルクを混ぜると ……カフェラテ

大まかにこのように分類されると考えておけばよいでしょう。深煎り豆でドリップしたコーヒーベースか、エスプレッソベースか。日本の家庭で作るものはほとんどがカフェオレとなりそうですね。

エスプレッソ+ミルク=いろいろ

もう少し細かいハナシ。エスプレッソとミルクを混ぜるとカフェラテ、といっても、ミルクの構成比によって呼び名はラテ、カプチーノ、マキアートなどと変わってきます。

たとえば、エスプレッソにスチームドミルクフォームドミルクを加えたものをカフェラテまたはカプチーノと通称します。違いはミルクの構成比。スチームドミルクの割合が多いとラテ、フォームドミルクの割合が多いとカプチーノとなるわけです。スチームドミルクは蒸気で温めたミルク、フォームドミルクとは空気を取り込んだミルクの細かい泡のことですね。

上記表はエスプレッソとミルクの組み合わせの基本例です。カフェモカは、エスプレッソとフォームドミルク・スチームドミルク・チョコソースを加えたものですね(チョコソースとミルクの代わりにココアを使うことも)。いずれにしてもエスプレッソベースのメニューは、その苦みの効いた味わいが特徴です。

なんとなく曖昧に使い分けていたワードですが、材料は同じでも抽出方法からミルクの処理などによって名称が異なってくるわけですね。

<参考リンク>
カフェラテ、カプチーノ…エスプレッソメニューの違い | コーヒーを知る | ダイイチF&L

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス