古代エジプトの時代から、神に捧げるタレにふさわしい部族になるべく争っていたヒゲモジャ外国人と猫耳美女コスプレイヤー。勝負の判決を下すのは、究極のタレを追い求めていた神の舌を持つ男、垂野好雄(たれのすきお)。

これは映画なのか?CMなのか?カラオケなのか?ミュージックビデオなのか?

出典 YouTube

そんなカオスな動画を公開したのが、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(日本KFC)です。

「TARESSENCE(タレッセンス)」と名付けられたその動画は、80年代の音楽や映像の合成技術を忠実に再現。ノスタルジックでありながら破茶滅茶なその世界は、観るを困惑へと誘います。

「甘辛なタレ」が特徴の「チキン派」を率いるヒゲモジャ外国人は日本でも活動する話題沸騰中のパフォーマー、レディビアード氏。

一方、そのチキン派に敵対するのは「さっぱりしたタレ」が特徴の「サンド派」。族長は世界で活躍するコスプレイヤー、えなこ氏です。

また、国立科学研究機関T.A.R.E所長、垂野好雄はアクション俳優の北岡龍貴氏が務めるなど豪華(?)なキャストでお送りされました。

とにかく「タレ」への愛が詰まった動画は必見

つまるところこの動画は、新商品「骨なしケンタッキー やみつき醤油だれ」と「和風おろしチキンサンド」が10月1日から全国のKFC店舗で発売されたことを記念して制作されたもの。

新商品は当然「タレ」にこだわっています。「骨なしケンタッキー やみつき醤油だれ」はカリカリに揚げたチキンの胸肉に、醤油だれと味噌をブレンドしたコクのある特製だれがたっぷり塗られています。「和風おろしチキンサンド」は、大根おろしと生姜にかつおだしを効かせたさっぱり風味になっています。

どちらも甲乙つけがたく、それゆえ垂野所長が葛藤するシーンも必見!果たして、選ばれし究極のタレはどちらになるのか!?

劇中で流れるのは、この動画のために作られたオリジナル楽曲「タレッセンス」。歌っているのはレディビアード氏です。なんとも耳に残るメロディーで、思わず「タ〜レ〜タレ、おいぴー、うれぴー」と口ずさんでしまいそう。あれ、困惑していたのが、いつの間にか魅了されている!

この記事を書いたユーザー

TVと雑誌がコラボの『マガジンサミット』 このユーザーの他の記事を見る

TVと雑誌がコラボ!雑誌の面白さを再発見できるWEBマガジン!
自分が欲しい情報を効率よく収集できる「雑誌」。ライフスタイルに欠かせない「雑誌」。TVやラジオ番組の放送作家やモデル、芸人たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます! http://magazinesummit.jp/

得意ジャンル
  • おでかけ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス