あなたの英語、「使わない」から、「使えない」んです

「英語が話せるようになりたい!」

せっかく英語の勉強しても、使わないと「使える」ようにはならないんです。
「そんなことわかってるよ」という方もいらっしゃるでしょう。

いったい、どこで英語で話せばいいの?いつ英語を使えばいいの?外国人の友達でもいれば使うかもしれないけど、そもそも、外国人の友達なんて、どうやって見つけるの??

今日は、そんなあなたにオススメの方法のご紹介です!

日本にいながら、外国人の友達を作って、英語で話そう!

Meetupというサービスをご存知でしょうか?
仲間を見つけよう Meetup

同じ興味や趣味の人たちが集まって、一緒に活動しよう、というコンセプトのウェブサービス。仲間を集うのはオンラインで、実際はオフラインで仲間に会おう!というのがこのサービスの面白いところです。

もともとは、アメリカ・ニューヨークのソフトウェア開発に関わるギーク達が集まってできたサービスだそうです。オーガナイザーイベントで伺ったところによると、現在182か国2700万の利用者がいるとのこと。日本ではすでに17万人が登録、日本国内に2800グループほどあるそうです。もともと英語サービスで、日本語対応したのが昨年から、ということもあって、まだ日本人よりも英語圏の人たちの利用が多いようですね。Meetupを通じて開催されているイベントも、圧倒的にバイリンガルのイベントが多いのが特徴です。

登録する際に、自分の興味のあるテーマを幾つか選ぶと、「おすすめのMeetup」が幾つか表示されます。面白そうなのが見つかったら、気軽に「ジョインする」ボタンを押してみてください。お勧めは、「言語交換」「Language exchage」を興味の対象として選ぶこと。そうすると、日本語を学びたい人、英語を学びたい人、中国語、韓国語など、様々な言語交換に興味のある人たちが登録しているグループが出てきますよ。

グループのページに、近日予定されているイベントが出ているので、参加してみたいものをチェックしましょう。あとは、イベント当日に現地へ行くだけ!

「共通の趣味」があれば、英語でも話が盛り上がる!

実は私も、最初は、「初対面の人と、しかも外国人と、果たして会話が続くかしら?」と思っていましたが、自分の興味に近いイベントを選んで参加すれば、大丈夫!共通の趣味があれば、初対面でもあれこれ話せます。言語交換が目的のグループの場合は、日本語を話したい外国人の人たちも来ているので、話すきっかけも作りやすいですね。あまり英語が得意でない方も、日本語で話したい外国人と話すことができれば、じゅうぶん楽しめますし、その後の英語学習のモチベーションも上がりますよ。

私が登録しているグループは「言語交換」を目的にしたもの以外にも、「ハイキングに行く会」、「英語で飲み会」、「下町散歩を楽しむ会」などなど。毎日のようにいろいろなグループが各地でイベントを主催しています。

英語を「使う機会」が欲しいならば、家や職場の近くで、気軽に参加出来る言語交換のMeetupイベントに参加してみてはいかがでしょう?


※グループやイベントによっては、参加費が必要なものもあります。それぞれのイベントページでご確認ください。言語交換のグループの多くは、数百円から千円程度の参加費と、フードやドリンクを自費負担で、というパターンのようです。

この記事を書いたユーザー

英語コーチ その このユーザーの他の記事を見る

留学経験なし、海外在住経験なしでTOEIC980、英検1級を取得。外資メーカー勤務歴14年。周囲に「仕事はできるのに、英語ができなくて苦労している人」がたくさんいることに気付く。副業で「英語コーチ」として、そんな人たちの英語学習をサポートしています。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス