洋服を選ぶ時、"流行っているから"。



そのような理由だけで決めたりしていませんか?



流行っていて最先端なものも素敵ですが、
圧倒的にお洒落で洗練されているように
見える女性は必ずと言っていいほど、
"私だけのお洒落の基準"があるのです。



そこでイメージコンサルティングでも行う、
なりたいイメージをファッションで
上手に表現する方法をお伝えしていきます。



今回は7つのファッションスタイルとその特徴から、
あなたの持つ雰囲気に近いと思われるスタイルを見つけて
"私だけのお洒落の基準"を確立してみて下さいね♡



その前に、7つのファッションスタイルがどのように分かれているかの一覧です↓



Type 1 Sporty(スポーティー)
Type 2 Traditional(トラディショナル)
Type 3 Elegant(エレガント)
Type 4 Feminine(フェミニン)
Type 5 Alluring(アルアリング)
Type 6 Dramatic(ドラマティック)
Type 7 Creative (クリエイティブ)



以上の7タイプから1つずつ掘り下げていきます。

"Type 2 Traditional"

特徴:知的でプロフェッショナル。
落ち着いた雰囲気で時代を問わず長く愛されるスタイルを好む。
女性らしい体の曲線を強調せずストレートラインを得意とする。

日本の有名人でいうと、天海祐希さんのようなファッションスタイル。

ベーシックなアイテムをサラッと着こなすのがポイント。
色使いもシンプルなベーシックカラーで統一しています。

オールバックにまとめたヘアスタイルが一層プロフェッショナルな雰囲気に。

洋服にやや光沢感はあるものの、上下とも無地にかっちりしたベルトで"きちんと感"を。

スーツのように堅苦しくなり過ぎるのはイヤだという人も、色使いを変えればガラっと印象が違って見えます♡

"メイクでもきちんと感を"

眉毛はしっかりと描き、オーバーラインなどはしません。
基本的に自分に合ったメイクを好みます。



いかがでしたか?


次回はType 3 Elegantのご紹介です♪

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス