誰しもに平等に訪れる「老い」。あなたのご両親やおじいさん、おばあさん、ご友人にもお年を召して足腰が弱くなり、一人では外出できなかったり、車椅子で生活をされている方もいるかもしれませんね。年を重ねると、気軽に旅行することもままならない状況になることもあります。

1. 私たちはもうどこへも行けない…

先立ってしまった妻と出会ったあの場所へもう一度行きたい。
今はもうしわの目立つ歳になってしまった息子や娘とおにぎりを持って出かけたあの公園にもう一度行きたい。
どこか小さい時の自分に似ている孫が住んでいる故郷に帰りたい。
昔、新婚旅行で行ったあの温泉に行きたい。
テレビで見た山頂にあるという古代遺跡に行ってみたい。

でも…。痩せた自分の足を見て諦める。
「施設の中の売店にも一人で行けないんだ、そんな願いが叶うはずがない」

2. VR(バーチャル・リアリティ)映像が高齢者のリハビリのモチベーションに

高齢者施設に勤務する登嶋健太さんは、高齢者と日々話をする中であることに気づきました。

「みんな、故郷や昔行った旅行のことを本当に楽しそうに話してくれる」
「でも、みんな諦めているんだ」

そこで登嶋さんは、ある行動を思いつきました。

自分が代わりに行って、その映像を360度立体的に体験できるVRで見せたらどうだろう!」

登嶋さんは、クラウドファンディングサービスREADYFORで資金を集め、要望の多かった「海外」へ映像撮影に向かいました。

この箱にスマートフォンをはめ込むと360度立体的な映像が体験できます。

映像を見せてみると、高齢者の中には「私も行ってみようかしら!」ともう一度自分の足で歩くことを決め、リハビリに打ち込む人も出てきました。

出典 https://readyfor.jp

VRで旅行体験をしているおじいちゃん

いつもは「うん」か「ううん」しか言わないような高齢者も積極的に話してくれるようになりました。

出典 https://readyfor.jp

日々リハビリを頑張るおばあちゃん

3. VR映像を見て目を輝かす高齢者の姿に涙

「何かしら…」不審そうに覗き込むおばあちゃん

出典 https://youtu.be

「うわぁ、綺麗ね…!」満面の笑みを浮かべる

出典 https://youtu.be

こちらが登嶋さんがTVや雑誌に載っている観光地に行って撮影した映像を見せている動画です。

お年寄りがVRで世界一周!?

出典 YouTube

Youtubeでご覧ください。

4. 意外と行きたい人が多い世界の絶景

登嶋さんの調査では、故郷や昔行った旅行に行きたい人と同様に、海外の美しい絶景を見たい!という人も多いことがわかりました。登嶋さんは今後も高齢者が「行きたい!」と思う場所へ行き、撮影し、その映像を現場に届けたいと思っています。現在、クラウドファンディングサービスREADYFORで「第2弾」の資金募集をしています。

ただ旅行した気分になるだけじゃなく、高齢者が「自分の足で行くんだ!」と思うほどにリアルなVR映像。痛い足を動かす毎日の辛いリハビリも、目標があると楽しい練習に変わります。登嶋さんの活動を応援したいですね!

登嶋さんの映像を見てイキイキ楽しそうな高齢者の方々

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Readyfor このユーザーの他の記事を見る

日本最初・最大のクラウドファンディングサービスです。いろいろな想いのあふれるプロジェクトがたくさんあります。感動体験、お得情報をお知らせできればと思っています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス