昔は生後すぐに、赤ちゃんの血液型を調べるのが一般的でした。全国の産院で『先天性代謝異常』の検査のため、新生児の採血が行われるようになった際、サービスとして血液型も調べてもらっていたのです。しかし、最近は生まれたばかりの新生児の血液型を調べることは、理由がない限りありません。

理由は、血液型は変わるから。変わるというよりも、新生児期に血液型を検査しても、血液型確定に必要な要素がまだきちんと検出されないので、正確な血液型が新生児期の検査とは変わる可能性があるという意味です。

産婦人科や小児科では、病気などで血液検査の必要がある時に、一緒に子供の血液型を調べてもらうことができます。

新生児期とある程度成長してからの血液型が取り違えられやすいのは、何型?血液型の不思議に迫ります。

血液型とは

血液は、主にこのような要素でできています。

・赤血球
・白血球
・血小板
・血しょう

上の4つの要素のうち、赤血球の型の違いが血液型の違いです。

血液型には

・ABO式血液型
・rh血液型

の2種類が存在します。

O型だと思っていたらA型だった!?

生まれてすぐの血液検査ではO型だったのに、実際はA型(B型)だった人もいます。新生児の場合、O型因子は見つかりやすく、A型・B型因子は検査で検出されないことがあるので、「新生児の頃はO型だったのに、大人になったらA型だった。」という血液型が変化したかのような現象が起こるのです。

ここでいったん赤ちゃんの血液型が決まる仕組みについてお話します。

両親の血液型で子供の血液型が決まる

子供の血液型は、両親の血液型の組み合わせで決まります。

両親のどちらかがA型の場合は、

A×A=A、O
A×B=A、B、AB、O
A×AB=A、B、AB
A×O=A、O

というように、両親の血液型によって、子供の血液型が何型になるのかがわかります。O型はどの組み合わせでも比較的生まれやすいと言えます。

※A型やO型でも、そのまた両親の血液型が組み合わさって遺伝しているので、A型の遺伝子にB型の遺伝子が少し混じっていたりします。また、体質により血液型キメラと呼ばれるA型とB型(O型、AB型)が1人の身体に共存する形で存在している場合もあります。

その場合、一般的なAB型ではなく、B型の遺伝子を持ったA型なので、A型とO型の夫婦からB型の子供が生まれる可能性もありますが、ごく稀です。

単一の個体が複数の種類の血液型を持つこと、あるいはその個体を意味する語。二卵性双生児の血管が胎生期に吻合して血液が体内で混ざり合ったり、1個の卵子に2個の精子が受精した場合に起こりうるとされる。

後者の場合、血液細胞だけでなく、体細胞もキメラの状態になることから、唾液や線維芽細胞から本来の血液型を判定することができないとされる。

出典 http://www.weblio.jp

以上の理由で、血液型が変化する理由は2つ

生まれた時と血液型が変化する可能性があるのは、次の2つの理由から。

①A型/B型の因子が新生児期の検査で検出されなかったか、量が少なすぎた為

②血液型キメラの可能性

血液型キメラはごく稀にしか存在しないため、多くの血液型が変わる理由は、検査でA型/B型の因子が検出されなかったことです。

A型因子とB型因子が検査で検出されるようになるのは、遅くて4~5歳になってから。もし子供の正確な血液型が知りたいと思うなら、血液型を調べるのは5歳になってからがよいでしょう。

男性は血液検査をする機会が少ない?

男性は、病院で診察を受けるのが嫌いな人が多いですよね。それに比べて、女性は妊娠・出産などで血液型を調べる機会が、男性よりも多くあります。

ですので、女性側は自分の正確な血液型を把握する機会があるのに対して、男性は子供の頃に親から教わった血液型をそのまま信じているだけで、成人してから血液型を調べた経験がない人が少なくありません。

もし、新生児期にA型/B型の因子が弱く、O型だと思い込んだままのA型/B型だった場合、夫婦の血液型の組み合わせでは生まれ得ない血液型の子供が生まれることも・・・。

それで浮気を疑われるようなことになれば、夫婦とも、子供が生まれた幸せを充分に感じることはできません。

子供の血液型で夫婦不仲にならないために、血液型の不思議を知っておくといいですね。

この記事を書いたユーザー

かおり このユーザーの他の記事を見る

1.3.5歳の子供たちを子育て中のかおりです。文章を書くのが好きで、アメブロの更新はほぼ毎日行っています。現在自宅でWEBライターをしています。論理的で根拠のある文章が好き。でも、ぐでたまの横にちょこっと書いてあるだらしない言葉も好き(笑)旦那とは大喧嘩もするけど基本ラブラブです。よろしくお願いします。引き寄せの法則・自分を愛する大切さについて書いてます→http://ameblo.jp/kira-kirakaorin

得意ジャンル
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら