オリーブオイルって今では当たり前のようにレシピに出るようになりましたよね!

でもただ良いから使うのも良いとは思いますがその効果をしっかりと理解したうえで使ったらもっといいと思ったので
オリーブオイルの効果を今回はお伝えしたいと思います。


オリーブオイルの働き

大きく分けて5つの効果があります
・コレステロールの低下作用
食事の中に入っているコレステロールを含む食品を摂り続けていると肥満や動脈硬化、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の原因となる悪玉コレステロールが血液中に増加してしまいますがオリーブオイルに含まれる「オレイン酸」にはその悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる作用があると言われています。

・抗酸化作用
脂肪は時間がたつと酸化します。(サビると考えてください)そうすると様々な病気の原因となる活性酸素と結合して病気の原因となります。
オリーブオイルには「ビタミンEやポリフェノール」などが活性酸素を抑制する栄養が豊富に含まれています。

・整腸作用
「オレイン酸」は小腸で吸収されにくい性質を持っているので腸に刺激を与え便秘を解消する効果があります。

・美肌効果
オリーブオイルの色素成分である「クロロフィル」体内の毒素を排泄するデトックス作用を持っており、ニキビや吹き出物などの炎症を鎮める働きがあります。

・ダイエット効果
満腹中枢に働きかける作用があるため無理せず食事の量を減らすことができます。

どのくらい摂取すればいいのか

ダイエット効果を期待したいときは
「食事の1時間前」にティースプーン1杯ぐらいを摂取してください。


これでオリーブオイルのよさを今よりも少しでも深く理解出来たらうれしいです。

理解したうえで色々なお料理などに入れて#オリーブオイルのある生活 をしてみてください♪

この記事を書いたユーザー

chico このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら