対人恐怖症や高所恐怖症など恐怖症にはさまざまな種類がありますが、最新の恐怖症と言われる化学物質恐怖症(ケモフォビア)をご存知でしょうか?

読んで字のごとく、化学物質を過剰に恐れることです。

「自然」は健康にいい?「化学物質」は悪?
ここでは少し違った視点から見ていきたいと思います。

「化学物質」のイメージと恐怖症

みなさんは「化学物質」というとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

危険な液体?ガス?はたまたプラスチック?

いずれにせよ、「健康」のイメージからほど遠いものだと思います。

化学物質恐怖症(ケモフォビア)「『自然のもの』は健康にいい、『人工のもの』はからだによくない」という間違った認識から導かれるそうです。

例えば、街中で見かける木や花は「自然」でしょうか?もちろん、野草のように自生するものもありますが、それらのほとんどは、何らかの目的で人間が品種改良をし、植えられ、育てたものです。人間の手が加えられたという点では「自然のもの」ではありません。

こうして考えると、「自然」の捉え方がいかに曖昧か分かります。

また一方で、花粉は自然界のものですが、ご存知の通り、アレルギーの原因にもなります。つまり、「自然=健康」とは言い切れないということです。

化学物質恐怖症の思考と誤解

たいていの場合、化学物質恐怖症の方は、ある特定の物質のみに注目し、その極端な研究結果が全てであるかのように考えがちです。

ですが、研究室での実験結果がそのまま人間の日常生活に適応されるかといえばそうとは限りませんし、そもそも、その結果自体が意図的に操作された可能性もあります。また、同じ物質でも方法によって影響の度合いが違うことが大いにあります。

さらに、物質そのものだけでなく含有量や体内蓄積量を考慮する必要もあります。人間は有害なものを無害化または体の外へ排出する機能を備えていますので、摂取したものがそのまま全て体に吸収されるわけではありません。

つまり、例えば、ある物質について「マウスに大量に食べさせた結果、マウスが病気になったので、その成分が含まれたものを人間の皮膚に塗るのは危険」と結論づけるのは飛躍しすぎるということです。

「オーガニック」「○○フリー」のからくり

「オーガニック」「○○フリー(無添加)」と聞くと健康によいイメージがありますが、実際のところは、オーガニックではないものと質・安全性に差はなく、企業のイメージ商法によるところが大きいそうです。確かに、「オーガニック」などと謳われていたら、多少高価でも納得してしまいませんか?

その付加価値は本当に価値がありますか?

その+αのコストは質・安全のためですか?

実は、単に企業の儲けになっているだけかもしれませんよ?

また別の例として、ジャンクフードの食べすぎで体調を崩したとします。原因は栄養バランスの偏りですが、化学物質恐怖症の方は「原料に使用した××という成分が有害だから」と考えてしまうそう。

ですが、これでは、「××という成分を使用しなければジャンクフードのみを食べ続けても大丈夫」ということになってしまいますよね?この理論が間違っているのはみなさんにもお分かりいただけると思います。

化学物質との「共存」

現代社会で完全に「ケミカルフリー」の生活をすることは不可能です。それなら、「化学物質」を正しく理解し、上手につきあう方法を考えたほうが健康のためにもいいと思いませんか?

先に述べたように、何が自然で何が自然でないか線引きをするのは簡単ではありませんし、気にしすぎてストレスになってしまうほうが問題です。

赤ちゃん・小さいお子さんがいるママさんは特に気になるかもしれませんが、過剰に配慮された食環境で育ったお子さんは後々、偏食がひどくなる傾向があるそうです。何ごともほどほどに、ということですね。

ある専門家によると、化学物質を過剰に心配することは精神衛生上好ましくないのはもちろん、コストがかかる上、その分安全だという保障もないのだそう。

また、代替品は十分な検査・研究がされていない可能性があり、かえって危険かもしれないとのこと。

最後にお断りしておきますが、自然派を否定しているわけでも化学物質の摂取を推奨しているわけでもありません。ごく微量でも死に至る危険な物質も実際に存在します。特定のものについて論議しているものではなく、あくまでも一般論だとお考えください。

健康のために食べもの・身の周りのものに気をつけることは大切です。ですが、それは常識の範囲で。何ごとも過剰はよくありませんし、行き過ぎは逆効果です。

この記事を書いたユーザー

momoroz このユーザーの他の記事を見る

オーストラリアで育児満喫中。面白くて役に立つ情報を分かりやすくお伝えします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス