ノーベル医学生理学賞を大隅良典氏が受賞

出典 YouTube

「オートファジー」って知らない言葉が出てきたので調べてみた。

オートファジー (Autophagy) とは

細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。
自食(じしょく)とも呼ばれる。
酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。
このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。
auto-はギリシャ語の「自分自身」を表す接頭語、phagyは「食べること」の意。

出典 https://ja.wikipedia.org

まずは、Wikipediaで基礎知識。
ただ、この受賞前に作られてなかったので、情報がまだ少ない。笑

具体的に簡単に説明すると

30兆個以上の細胞からつくられる私たちの体。
その細胞ひとつひとつが、生命活動を維持する上で、欠かせないのがたんぱく質。
これが2万種類以上と言われ、体のさまざまな組織や臓器を形づくっています。
このたんぱく質のうち、不要になったものを分解し、必要なものに作り替える、リサイクルの仕組みが「オートファジー」

出典 http://www3.nhk.or.jp

NHKの方が詳しかった。笑

簡単に一呼吸でシッタカで説明する場合は、「体をつくる2万種以上あるたんぱく質の不要となったモノを分解してつ売りかえるリサイクルの仕組み」です。

「オートファジー」の具体的な働き

生まれてから直ぐ母乳が飲めるワケではないのです。

Licensed by gettyimages ®

胎盤を介して母親から栄養を得ていた赤ちゃんが、産まれてからミルクを飲めるようになるまでの間、栄養不足にならないのはオートファジーの仕組みで栄養を補っているからだとみられています。 

寿命の仕組み

Licensed by gettyimages ®

オートファジーの働きを抑えた新生児のマウスは、通常のマウスに比べて栄養不足が激しく、寿命も短かいことが実験で確認されたということです。 

ボケの原因の?

出典 http://www.amazon.co.jp

何らかの原因で、このオートファジーがうまく働かなくなると不要なたんぱく質が細胞の中にどんどんたまっていってしまいます。
アルツハイマー病やパーキンソン病などは、神経細胞の中に蓄積した、こうしたたんぱく質によって引き起こされているのではないかと考えられています。

Licensed by gettyimages ®

老化によってオートファジーの働きが弱まり、これが、がんや糖尿病などさまざまな病気と関係しているのではないかとも考えられています。

アメリカ・フィラデルフィアにあるペンシルベニア大学では、大隅さんが解明した、細胞が不要なたんぱく質などを分解する「オートファジー」の研究成果を生かして、がんの治療をめざした研究が10年以上前から進められています。
臨床試験をおよそ8年前から行ってきました。
これまでに500人ほどの患者が投与を受け、とくにメラノーマという皮膚がんの一種の患者では、肺に転移したがんや、脳や肝臓に転移したがんが小さくなったケースも報告されているということです。

出典 http://www3.nhk.or.jp

大隅さんのおかげで、近い将来、ガンが不治の病ではなくなる可能性があるのです。
大げさではないのです
ちなみに、死亡率が高く発見時に4割異常が他部位に転移している膵臓癌の研究も進んでいます。
ただ、アメリカで先に医療特許をとる可能性が高いのです。
なので、ガッチリと生命保険、ガン保険に加入しといたほうがいいのです。

まとめると

   
ノーベル医学生理学賞を大隅良典氏が受賞したことで、「オートファジー」って言葉が出てきました。
これ、人間のたんぱく質をリサイクルするし仕組みの事であるのが分かるのです、
これについてネットで調べてみると、人間の寿命やガンやボケ、成人病などの研究が進んでいるのがわかるのです。
アメリカで研究が進んでいます

せっかく、ガン治療の将来が明るくなってきているのだから、今の内にガン保険入っておいた方がいいです。
ガンだけではなく、成人病などの治療が進むので生命保険そのものを見直したほうがイイのです、
価格よりも、「最新医療が含まれているのか」が大事なのです。
オートファジーの発見で、世界中で研究が進んでいるのです
生まれて母乳を飲むところから、寿命、アルツハイマー、ガン、成人病など、あらゆることが解明されるのです。
人の細胞のたんぱく質そのものの研究なのだから、
研究が進むと、きっと、最終的には寿命もコントロールできる時代がくるのです

この記事を書いたユーザー

マッキー太郎 このユーザーの他の記事を見る

現在。自宅で両親の介護生活。外に出る機会が少ないので買い物は通販がメイン。田舎なので家庭菜園もしてます。元々は音楽お仕事をしています。自宅にラジオ番組収録にも提供している録音、録画、放送、演奏などができるスタジオがあります。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス