2016年のノーベル医学・生理学賞を大隅良典氏が受賞しました!

2016年のノーベル医学・生理学賞の受賞者として、大隅良典東京工業大学栄誉教授(以下、大隅氏)が選ばれました。TVなどではニュース速報でも報じられたので、その後のTVやネットのニュースに注目した方も多いのではないでしょうか。

ノーベル医学・生理学賞の授賞理由は「オートファジー」の仕組み解明

今回のノーベル医学・生理学賞を受賞した理由は、大隅氏による「オートファジー」の仕組みの解明が評価されたためとされています。

「オートファジー」というのは一般の私たちにとっては聞き慣れない用語ですが、細胞の中でうまく働かなくなってしまったタンパク質などの物質を異常をきたす前に取り除いたり、細胞の栄養が不足した時にタンパク質を分解することで新しいタンパク質やエネルギーを生み出す働きをしているのだそうです。
分かりやすく例えるなら、細胞のお世話役といった役割を担っているといったところでしょうか。

大隅氏は、酵母の細胞を用いて「オートファジー」の仕組みを解明するために研究に取り組み、1993年に世界で初めて「オートファジー」の仕組みを制御している遺伝子を発見したそうです。

そして、それ以降もオートファジーの仕組みにかかわる遺伝子の発見を重ね、それぞれの遺伝子が担っている役割を分析して、「オートファジー」の仕組みの全体像を明らかにしてきたのです。

オートファジーの仕組みの解明によって期待されていること

大隅氏が明らかにしたオートファジーの仕組みですが、その後の研究で「オートファジー」に必要な遺伝子は動物や植物に共通していることが分かり、「オートファジー」は細胞に核がある全ての生物が持っている生命の基本的な仕組みということが明らかになってきました。
また、神経系の病気の一部ではオートファジーの遺伝子がうまく働いていないことが分かってきていて、予防方法や治療方法の開発への発展が期待されているのです。

このようなことから、オートファジー研究は世界的に年々競争に激しさを増している研究テーマとなっており、大隅氏によるオートファジー発見が生命科学の領域にとても大きな影響を与えたことが伺えます。

これまでにノーベル医学・生理学賞を受賞した日本人は他にどんな方がいるの?

日本人でこれまでにノーベル医学・生理学賞を受賞したことがある方は今回の大隅氏を除くと3人いらっしゃいます。

まず、日本人で初めてノーベル医学・生理学賞を受賞したのは1987年に利根川進氏(現・理研MIT神経回路遺伝学研究センターセンター長)が多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明で受賞しました。

2人目は2012年に山中伸弥氏(現・京都大学iPS細胞研究所所長)が様々な細胞に成長できる能力を持つiPS細胞の作製で受賞しました。

3人目は昨年2015年に大村智氏(現・北里大学特別栄誉教授)が線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見で受賞しています。

大隅氏は日本人4人目のノーベル医学・生理学賞の受賞者となります。

大隅栄誉教授の経歴をご紹介

これまで取り組まれてきた研究成果が大きな評価へとつながった大隅氏。これまでどのような足取りをたどってこられたのでしょうか?

大隅氏は、東京大学大学院を出られた後、アメリカのロックフェラー大学へ留学して、酵母を使った細胞内部の働きを明らかにする研究に取り組み始めました。その後、東京大学へ移られて自身の研究室で研究していた時に、細胞内の「液胞」という器官で小さなタンパク質の粒が激しく動く姿を発見し、「オートファジー」を初めて確認した時でした。

この発見以降、研究を次々と発展させてオートファジーに必要な遺伝子を明らかにしていったのです。

また、東京大学の助教授から岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所や大学共同利用機関法人自然研究機構基礎生物学研究所の教授を歴任されて、2009年4月に東京工業大学へ移られ、2014年から栄誉教授に就かれています。

ノーベル賞の授賞式は12月に開催

ノーベル賞の授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日である12月10日にスウェーデン・ストックホルムのコンサートホールにて執り行われます。

受賞の報告を受けた際は「本当に光栄としか言いようがない」、「若い人には、サイエンスはすべてが成功するわけではないが、チャレンジすることが大切だと伝えたい」とコメントされた大隅氏。授賞式ではどのようなスピーチをされるのかも注目したいですね。

この記事を書いたユーザー

れんれんまま このユーザーの他の記事を見る

30代前半で1歳児の育児に奮闘中です。10月3日から始めたばかりで記事を書くのは初心者です。至らない点もあるかと思いますがよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら