バスルームには当たり前のように除毛クリームや抑毛剤が置いてある事があります。男女関係なく日常的にデリケートゾーンや体のケアをしているって素敵では無いですか?

フランス語。
「Quincados(カンカド)」という言葉。

日本では聴いた事が無い人が多いと思うのですが「50代」の「思春期」を
現した造語です。

外見や内面が30代、心の中はティーン・エイジャー(10代)のような
50代
の男女の事を現しています。

フランスの女性は、ファッションやコスメなどにとっても敏感な人が多いと言われています。メイクで隠すよりも、肌の基礎を大事にしているのかもしれません。

最近、やっと日本にも入ってき始めた「デリケートゾーン」のお手入れについても
その1つだと思います。
デオドラントや香りのあるもの、コスメ、バスグッズなどは特に
日本人女性(男性)とはかなり意識が違うかと思います。
これは、フランスに限らずアメリカを初め欧米では男女共にごく日常的な習慣です。

そして、フランス人女性(男性)は、子育てが終わった頃に、
心に新たな「思春期」が訪れるという人が多いそうです。

私個人的には、50代がまだ来ていないので本音を言えば
ピンとこない事の方がまだ多いですが、フランス人男女だけではなく
世界中の男女が50代から新たな思春期が訪れる事は、とっても素敵な事だと
個人的には思います。

実は、そういうフランス人達の中で「美」に対して意識を高く持っている人達は
コスメやファッションという外見だけではなく、他人からは見えない部分にも
気を使っている事が日常的だと知り、是非、日本にもその文化というか、
美意識感覚が当たり前な日が来たら素敵だと思い、色々調べてみました。


日本の中でもようやくティーンエイジャーやモデル、芸能人など美意識の高い人の中では、「VIOゾーン」ケアが広がってきています。
これは、正直、「やっと」なので、
まだまだごく一部の人しかケアをしていないと思います。

ちなみに、VIOゾーンとは、
V=ビキニライン、I=外陰部周り、O=肛門周り)の事です。
日本人には、この3箇所の毛のケアを日常的にしている人はかなり少数だと思います。

ちなみに、男性も何らかの処理をしている人はかなりの数です。
これは、フランスに限らず、アメリカを初め、欧米人の中では日本人女性が日常的に
腋の毛を剃るような感覚でVIOゾーンもお手入れをしています。

今の日本には、年間かなりの数の外国からの観光客が訪れています。
その時に、日本人女性(男性)のデリケートゾーンが何もケアされていない姿を観て、
かなり衝撃を受けると聞きます。

例えば、海外から日本を訪れていて、中には
日本人女性と恋愛がスタートする男性もいます。
その時に、日本人女性の下半身の意識や感覚にかなり驚いたと外国人男性からよく耳にします。

例えば、なぜ、日本人女性はワキ毛を剃る、抜く、だけをしているのでしょうか?
最近では、足の毛や体毛の脱毛サロン、エステも多くあります。
でも、
VIO脱毛ケアへ美容院へ行くような感覚で行く人はまだまだ少ないかもしれません。

諸外国からは日本人はファッションなどを含め、お顔のお手入れなどは、
特に念入りにお金をかけ時間をかけ頑張っていると思われています。

それなのに?下半身が不衛生なままなのはなぜ?と、疑問を持ってしまう外国人(男女)が、少なくありません。

日本に来た欧米男性は、下半身の毛のお手入れをヒゲを剃る感覚でごく自然に
自分でする人が多いです。
だから、日本人女性の下半身の何もケアをしていない状態を観て、
驚いてしまうのも無理はありません。

日本人女性がVIOデリケートゾーンのケアを始めると、とても自分の体に対しての意識が
高まり、自信が持てるようになったと言う人も少なくありません。

50代の女性では、デリケートゾーンのケアをする中で、
アンチエイジングと共に、楽しみながら自身の体と付き合う事が出来るようになったと
言う人に多く会います。

50代と言えば、人から見える皮膚ですら10代20代の肌とはまるで違うわけです。
だからこそ無理なく
デリケートゾーンにお手入れをしようと自然と思うのかもしれません。
これは、男性も同じです。

フランスと同じ習慣を真似る必要性が絶対にあるのか?と言うと、
世界基準で考えれば、これは個人の自由です。
日本の国には日本の国の習慣というものがあって構わないと思います。

ただ、「なるほど!!」と、思える理にかなった事が海外から多く聴こえてきます。
デリケートゾーン、体の大事な部分です。
不衛生な状態にしておく事はオススメできません。

50代、男女が新たな思春期を迎えた時、二人がドキドキとときめく事が出来る
新しい形の人生を過ごせる事は素敵では無いでしょうか?

人生がもし100年だとしたら、ちょうど真ん中にいるわけです。 

「50代の思春期」

とても素敵な響きだと思いませんか?

この記事を書いたユーザー

ecoplace このユーザーの他の記事を見る

シングルペアレンツとして、子育ても終わり自分の時間をたっぷり持てるようになりました。
世界や世の中、社会で起きている事に敏感に反応するのは、DV生活から海外へ逃げた勇気が持てたからかもしれません。

ここには、私の幼少期から今に至るまでに経験したり観たり聴いたりした事を、
社会へのメッセージとして書き綴っていきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス