この世界はあなたが信じたものを見る世界です。
 あなたの観念があなたの世界を創造しています。
 人は創造エネルギーそのものです。
 あなたは毎瞬毎瞬あなたの空間を創造し続けています。

 あなたが、「いや俺はこんな世界を創り出した覚えはない」と言ったとしてもそれが事実です。あなたの潜在意識にしまっているあなたの先入観念が、現実を作り続けています。どの瞬間も休み無く。あなたが存在し続ける限り、あなたの創造作業は無意識のうちに永遠に続いています。

この現実が全て自分で生み出している物だとすれば、自分の思い通りの世界を自分で生み出すことが出来るということになります。見たものしか信じない人は、今の自分の現実から自分の限界を認識します。見たものしか信じない人が、自分の意識が世界を創り出していると認識することはなかなか難しいことでしょう。自分の無意識が現実を創り、自ら生み出した幻影を見て自分の信念を持ち、その新たな信念がさらに限定された現実を生み出し、その現実を見てさらに自分の考えを確信していきます。そしてますます見たものだけを信じるようになります。

 自分が制限された存在であると信じ切っている人は、その制限の中で自分のベストを尽くそうとがんばります。制限された人間はがんばらなければ何もできないと確信しています。がんばらなければ何もできないと確信している人は、がんばらない人間をだめな人と感じます。だめな人という認識が人を裁きます。そしてその人を裁く不快感が、ストレスを生み出し、体内に蓄積され続けます。その不快感はだめな人がいるからだと勘違いして、その人を遠ざけるか自ら逃げ出そうとします。ストレスが生じるのは他人のせいだとしか考えられないためです。

 本当の原因は自分の誤った認識にあります。がんばらなければいけないという価値観です。しかし私がそう言っても、このがんばらなければいけないという価値観を人は捨てる事が出来ません。それはがんばらなければ自分もだめになってしまうと感じるからです。自分の中にある価値観は、他人に向かっても使い、そして、自分に向かっても使われるからです。

 人は自分の信じたものを見ています。自分の信念がその心の立体鏡として、現実という幻影を生み出します。ですからあなたがその考え方を変えた瞬間から、あなたの現実は変わり始めます。

出典 http://www1.ttcn.ne.jp

 津留晃一さんから「この世界はあなたが信じたものを見る世界です。あなたの観念があなたの世界を創造しています。」
信じたもの、考えたことが思考が現実になるのです。

……自由になるための方法論こそが、この本でずっといい続けてきたことでもあります。 脳の現実、宇宙の現実。それらが導く答えは一つです。
「すべては自分の心がつくり出している」 一人一人が自分の宇宙を持っているのですから、その宇宙の中で自分を幸せにできる人は自分以外いないのです。
あなたの宇宙はあなたのものです。
そこに他人の価値観を入れれば、評価関数が違ってきてしまい、自分の情報宇宙ではなくなってしまうでしょう。 

時間はなぜ流れるのか、という部分では、パラレル・ワールドの考え方と同じであるとして、
宇宙は一瞬でコピーされて、一瞬で消え、そして、次の瞬間にはコピーが生まれている。(中略)コピーがいとも簡単に行われているのは、一つ上の次元で行われているからです。ただ私たちにはその時間があまりに短いため、気づいていないだけなのです。

という極めて抽象度の高い見方を求められます。
その視点から人の生き方について考えると、

幸せになりたい人は、今、幸せと思えばいいのです。
それ以外いりません。それが悟りではないでしょうか。
「自分はもう既に目的は達成している」
「自分自身がもう既になりたい自分であり、既に幸せである」
それを徹底的に自分自身で確信すればいいのです。

出典 http://blog.livedoor.jp

苫米地英人から。すべては自分の心がつくり出しているですね。

現実はすべて自分の内面の世界が映し出された鏡

世が創りだす争いのしくみ
感情は「外」が見せてくれる自分の「内面」  
私たちが捉えている世界はすべて内面の世界が映し出された鏡。それが分かっていなけれ­ば、問題を解決しようと思った時、常に「鏡をとかす」というむなしい努力をし続けるこ­とになる。この「鏡をとかす」というたとえはとてもわかりやすいなぁ~と感心した。人­に対しての感情も、すべては「自分の中にあったもの」☆体験する現実を変えるためには­、自分が変わるしかない!しっかりと「自分の髪」をとかそうと思う☆感謝

デイビッド・アイクから。現実はすべて内面の世界が映し出された鏡。それが分かっていなけれ­ば、問題を解決しようと思った時、常に「鏡をとかす」というむなしい努力をし続けるこ­とになる。

デービッド・アイク「鏡をとかしていないか? 感情は「外」が見せてくれる自分の「内面」

出典 YouTube

あなたは信じるものを見ます。
あなたが信じないものは、あなたには見えません。
あなたは信じることを、体験します。
あなたが信じないことは、あなたは体験できません。
あなたに見えるものは、全て、あなたが「そうである」と信じているもの。
あなたが経験することは全て、あなたが「そうである」と信じていること。

不幸が起こるなら、あなたは不幸が起こると信じただけ。
ただ、それだけ。

あなたに見えてるものは全て、一つの決定した状態であり、
それがどうして、「そう」見えているのかと言うと、あなたがそう信じているから。

どうぞ、現実を、あなたが何を信じているかをチェックするために使ってください。
現実とはそもそも、そのためにあります。

出典 http://ameblo.jp

さとうみつろうさんから。
「あなたに見えるものは、全て、あなたが「そうである」と信じているもの。
あなたが経験することは全て、あなたが「そうである」と信じていること。」
信じてる事が現実になるということですね。

バシャール:人生はゲーム。意識状態があなたの現実を創りだす。

出典 YouTube

あなたが現実を創り出しているとかすべてはあなたの思考、信念、態度、感情によるものだというニューエイジ的考え方がありますが、それはちっとも神秘的なことでもなんでもありません。

これは単にエネルギー力学を現しただけのものです。
つまりあなたは、自分が発信したものを受け取るということです。
あなたの体験を創造しているのは意識なのです。
実証できる外の現実は一切ないのです。

情熱、ワクワク、喜び、愛
身体で感じるこれらの感覚、身体で感じる高揚感。
身体で感じるバランスと穏やかな感覚。

これらがあなたの本来持つ本質、本当のあなた自身の振動周波数へと物理的に変換を行なっているのです。

アシュタール:みんな違う現実を生きている

出典 YouTube

すべては それぞれの人の好き勝手に現実を創っているのです。
ただ 事実があり それを判断し 良い悪い、好き嫌いで あなたが決めているだけです。
外を見ていれば 不確かな現実を生きることになります。

あなたの物の見かた 考え方ひとつであなたの見る現実は変わってきます。
そして あなたの見ている現実は あなただけの現実でしかないということを思い出してください。

あなたは あなたの現実の中では なんでも好きなことが出来るのです。

「思考が現実になる」とは、現実の全ては思考エネルギーで、創造しているということです。

ネガティブ思考、ポジティブ思考が現実になる。
心配、恐怖、楽しい事、ワクワクの思考が現実になる。
ニュースを見て、心配、怒ったり、考えれば現実になる。
病気の情報を見て、気をつける事、心配を考えれば現実になる。
幸せになっていると思えば現実になる。
逆に幸せになりたいと思えば、今、満たされていない、幸せでない訳ですから、幸せでない現実になる。
起きたことに、どう思うか?で次の現実が変わって来ます。

よく、望む現実にするには、ポジティブで一瞬一瞬を楽しい事、ワクワクすることする、と言いますが、こういう事です。

この記事を書いたユーザー

いるか このユーザーの他の記事を見る

本来、人生を楽しむために生まれてきました。
愛と楽しい思考にする為の記事を紹介していきます。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス