え!?この声はもしや・・・

 日本語ラップの大ブームが到来中の昨今、ラップを使ったCMが続々と世に放たれています。今回紹介するのは、おなじみの清涼菓子「FRISK」のリニューアルにともない公開されたwebコマーシャルムービー。
 このムービー、まさかのあの国民的キャラクターの声優さんが堂々たるラップを披露しているのです。みんな大好きなあのガキ大将といえばもちろん・・・

そう!ジャイアンの声優、木村昴さん!

出典 http://ameblo.jp

国民的アニメ、ドラえもんのジャイアン役を務める木村昴さんが登場し、ラップを披露しているのです。

紹介がなければプロのラッパーだと思ってしまうほど。

もともとHIPHOPが好きだという木村さん。
「自分自身が大好きなラップができたことがとても幸せでした。」と語っているだけに、ラッパーかと思ってしまうほどの貫禄をかもしています。

このムービーには木村さんの他にも、ブロガーで作家のはあちゅうさん、第一回社会人ラップ選手権で優勝した会社員pennyさん、そしてラッパーのKEN THE 390という異業種にたずさわる4人が登場し、自らの経験や思い、夢をラップに乗せサイファー的にラップを回すという面白い構成になっています。

こちらがそのコマーシャルムービー

出典 YouTube


「喜び悲しみ共有してこう お前のものは俺のもの」


 筆者、こんなにかっこいい「お前のものは俺のもの」を初めて聞きました。(笑)
2代目ジャイアン役に中学生で抜擢された経歴や、ジャイアンの名ゼリフを交えたラップは、聴いていて熱くなるものがあります。

作詞したのはラッパー、KEN THE 390

出典 https://pbs.twimg.com

早稲田大学を卒業後、サラリーマンとして働いた経験も持つラッパーKEN THE 390。最近では人気番組フリースタイルダンジョンの審査員も務め、広くメディアに出演をしている人気のラッパーです。このムービーでもめちゃくちゃカッコいいラップでの出演はもちろん、作詞&ディレクションも担当しています。

 今、様々なメディアで取り上げられ、大ブームの日本語ラップ。木村さんのように「え?この人がラップ?」というHIPHOPとの意外な食べ合わせが、これからどんどん増えていくかもしれませんね。

 天才的に歌が下手なキャラクターとして有名なジャイアンも、もしかしてもしかすると、ラップでなら武道館リサイタルも夢じゃない!?(笑)

この記事を書いたユーザー

ぼたもちあん子 このユーザーの他の記事を見る

京都在住。
こじんまりとした幸せが欲しいです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 国内旅行
  • グルメ
  • ゲーム
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス