ダイエット鬱の兆候はないかチェックしよう

ダイエットをしていると、他のことがおろそかになったり、やる気がなくなったり

疲れてしまう・・・自己流ダイエットでも高いお金を払っても「私って結局痩せない」などと考えてしまうことはありませんか?熱がこもっているような気がして、カウンセラーの言う通りにできないし、自分が決めた目標まで届かなない・・・。

そう思ったあなたは隠れ「ダイエット鬱」かもしれません。
下記の症状に当てはまった人はダイエット鬱の兆候があるかもしれません。

・頑張って食事制限しているのに結果が出ない

・食後下剤に頼って食事を「なかったこと」にしようとする

・ダイエット目的で運動した後、疲れてなにもする気が起きない

・ダイエット中、いつもイライラしている。

・水でも太ると思い込む


脳の思考を変えないと痩せないと言われても・・・

雑誌やテレビで見かけるダイエット特集は常に人気。

その中でも「意識を変えないと痩せない」などと言われていることを聞いたことがある人も多いはず。思い込みダイエットやカロリーを気にしないなど沢山出てきます。

だからこそ「水を飲んでも太る」と思う人も出てきてしまうのです。

ではなぜ「脳の思考を変えて痩せ体質になろう」などがあるのでしょうか?

それはダイエットは苦痛でない、楽しいことがこの先待っていると脳に思わせ
セロトニンを多く分泌させようとするためです。

しかしダイエットを志す50%以上の方はそんなにポジティブに物事を考えられないのが現状です。また年を重ねるごとに「前はすぐ痩せたのにどうして?」と思われる方も多いのではないでしょうか?


セロトニンの分泌を促そう!

ダイエットをしていくと脳が委縮し、セロトニンが飢餓状態になることがしばしばあります。それがダイエットをしても我慢しても痩せない理由なのです。

ではセロトニンはどうやったら摂取できるのでしょうか?

・適度な運動をする

・日光を浴びる

・サプリでトリプトファンを摂る(必須アミノ酸)

・腸をあたためる(腹巻などをする)

・飲み物は温かいものを摂るようにする(ホット珈琲はNG)



そもそもダイエット鬱かもしれないといっている人間に適度な運動をしろというのは酷です。すべてを投げ出して「もうダイエットなんてやりたくない!」と思っていても
がんばってダイエットをしようとする。それがダイエットです。

救世主水風呂!逆の発想

逆の発想といってもさすがに「好きなものを好きなだけ食べましょう!」
「運動は一切しなくていい」「冷たいものしか飲むのをやめましょう!」ということではないですが、「半身浴で汗を流しましょう」・・・これの逆のことなら出来る気がしませんか?

朝起きて、20~25℃のシャワーを心臓からかからないように5分程浴びる。
時間があるときは同じ温度のお風呂に浸かる。(長風呂はしないでください)

たったこれだけでストレスも解消されるんです。

なぜストレスが解消されるのか?

人は同じことをやらなければいけないと本能的にそれを嫌になります。
半身浴して汗を流そうと思っても疲れて嫌になっていくのがダイエットです。

しかし、この水風呂は体を冷やすことで自然と自分の体の中で
「身体を温めないと!」という現象がおき、体の内から温めようとします。

そして脳も普段と違うことをするということで「幸せ」を感じ、セロトニンが分泌しやすくなります。

いまダイエットで煮詰まっている方はぜひ一度試してみてはいかがですか?
水風呂が幸せなダイエット生活を提供してくれます。

この記事を書いたユーザー

監督 RAPPER このユーザーの他の記事を見る

映像監督、コーディネート等に携わる仕事をしています。

得意ジャンル
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら