どこのメーカーとは言えないが、「よくこんなものを売っているなぁ」と思えるほど、まずい袋入りインスタントラーメンを新発売した。袋入りに限らず、カップ麺にも、次から次へと新商品が登場するが、中にはこうしたまずい商品も多々ある。

私の好みの問題ではなく、どうひいき目に見ても、マズいのである。メーカーの開発担当が味音痴なのか。それとも、別の事情があるのか。

これはあくまで私の推測、裏読みなのだが、「煽り型新商品マーケティング」が存在するのではないか。

次々に目新しい商品を投入し、消費者の興味を惹き、買わせる。最初から生産ロットは決まっており、売り切れば、それで終わり。また、次の商品を出す。

消費者は、常に新しいものを求めているので、新商品が出ればすぐに手を出す。

昔なら、ラーメンと言えば、定番品がよく売れ、家庭には決まった商品が常備されていた。

だが、消費者の食に対する興味はめまぐるしく変わり、次々に新商品を出すことが、要望に応えることになるのである。それが、新商品の連続技に繋がり、味の追求がおろそかになった理由である。

なぜ消費者は、そこまで新商品を求めるようになったのか。原因としては、コンビニの存在が考えられる。

コンビニの宿命とも言えるのだが、小規模店舗では、定番品ばかりを売っていては客が寄りつかない。定番品なら、スーパーに行けば良い。行くたびに新しい商品があるからこそ、それを楽しみに来店するのである。

“何か新しいものがあるかも”という期待を持っている。ちょっと時間が空いた時にも立ち寄って、新商品を探す。それが楽しいことを消費者は知ってしまったのである。常に新しい商品を求める消費者の志向は、コンビニによって作られたのかもしれない。

たとえ、お気に入りの商品がすぐに消えてしまっても、それに固執する間もなく、次の商品が出てきて、試す楽しみを与えてくれる。

つまり、次々に商品が変わってしまうことに、消費者が慣れてしまったのである。

スーパーに並ぶ、菓子パンや惣菜パンでも同じことが起こっている。メーカーとしては、定番品だけでは利益を上げられないので、味は二の次となっても、新商品を次々に発売するのである。

味を追求した商品をメーカーにじっくりと開発してもらうためには、消費者が冷静になって、商品を見極めなければならない。

新しいものを試す楽しみか、本当に美味しいものを探す楽しみか。世の中のスピード感を考えると、もう戻れないのかもしれないが。

メーカーの人よ。せめて明らかにまずい商品は売らないで欲しい。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら