人は何かに影響を受けやすいもの。見聞きしたこと、体験したことに刺激され、一生をそのことに費やしたりするもの。さまざまなものを知ることで視野が広がり、人生を掛けても良いものを見つけ出す。

誰しも子どもの頃、憧れの職業があったのではないか。野球選手、サッカー選手、パイロット、スチュワーデス、漫画家……。その“カッコいい姿"を見て、自分もなりたいと感じたのではないか。

どんな仕事なのかを知らなければ、憧れを抱くこともない。知る機会がなければ、可能性さえ見出せない。

つまり、憧れの職業とは、どこかで見聞きした“カッコ良さ"に影響されていることが多いのである。

子どもたちに憧れの職業を聞いて、石工(石材を加工する職人)、左官、製材工、と言うだろうか。どんな仕事なのかを見聞きしたこともないだろう。

表舞台にほとんど出てこない職業に、憧れを抱く子どもが少ないのは、当然のことである。

いま世の中は、テレビや漫画がキッカケで、大ブームとなる事象が多い。囲碁・将棋の漫画が流行り、棋士になる人が増えた。酒蔵の漫画では、女性杜氏が増えた。

あまり知られていなかった世界の話をテレビや漫画で伝えれば、もっとその世界に飛び込む人は増えるだろう。

人手不足で困っている業界は、作家・漫画家にアプローチしてみてはどうだろう。バックアップ体制を整え、全面協力で執筆してもらうのである。完成した作品のPRも積極的に支援する。話題になれば、業界への注目度も高まり、後継者不足も改善されるかもしれない。

業界のみならず、国も支援すべきである。産業の衰退は、日本の財産を失うことでもある。興味を持ちやすい、注目しやすいテレビ・漫画を活用した、「職業教育」に取り組むべきである。

“憧れ"は、夢に変わる。その選択肢が多いほど、夢は実現しやすくなる。子どもたちが夢を実現できる社会こそ、明るく生き生きとした生活が送れるのではないか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら