記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
かわいい赤ちゃんのおしりが赤く荒れてしまったり、ただれて見ているだけでも痛そうだったり、そんな症状にお悩みのパパ、ママは多いものです。
今回は赤ちゃんのオムツかぶれについて医師に解説していただきました。

赤ちゃんのオムツかぶれの症状とは?

赤ちゃんのオムツかぶれは、おしり、肛門のまわり、外陰部のまわりによく見られます。よくみられる症状は、

・肌が赤くなる
・腫れる
・赤く丸い大小のポツポツとした発疹ができる

などさまざまですが、 ひどくなると線状や円状に切れたりえぐれたような潰瘍ができたり、出血したりする場合もあります。

かゆみがでたり、痛いため、症状を訴えられない赤ちゃんは泣くことが増えたり、機嫌が悪くなったりすることが多くなります。

赤ちゃんがオムツかぶれを起こす原因は?

おもに以下のような原因によってオムツかぶれは起こります。

・排泄物などによる刺激
赤ちゃんのおしっこやうんちに含まれる、尿素などの老廃物や、それが時間が経つことで分解されるアンモニアなど刺激物、大腸菌などの細菌などによって肌が刺激されて炎症が起きます。

・蒸れ
オムツ内が蒸れることによって起こるあせもなどがきっかけで起こります。

・オムツと肌の摩擦
オムツが肌に擦れることによる刺激で肌が傷つくことがきっかけとなることもあります。

暑い夏や、頻回に下痢が起こる胃腸炎になるとオムツかぶれが非常に起こりやすくなります。
オムツかぶれにより肌が傷ついたところから細菌が感染したり、カビが原因となり悪化することもあります。

予防&対策方法

・オムツをなるべくこまめにかえる
オムツを長時間つけたままにしておくと、オムツの中が蒸れて、あせもが起こりやすくなったり、細菌が増殖します。蒸れて皮膚が刺激をうけて傷つきやすくなったり、おしっこからできる刺激物であるアンモニアも増えます。

・赤ちゃんに合ったサイズのオムツをつける
オムツがおしりよりキツめだったり、サイズが合っていないオムツをつけると、皮膚が摩擦を受けやすくなり、かぶれやすくなることもあるので、赤ちゃんの体格に合ったオムツをつけてあげるようにしましょう。

・おしりはやさしく拭く
オムツ替えの時にあまり強く拭くと、それが刺激となって荒れてしまうこともあります。
そのため、特に下痢の時などはぬるま湯で流し、拭くときはぽんぽんと叩くようにして水分をふき取るようにするなど、こすらないようにしましょう。

カビに感染してしまったりすると、外用薬をしっかり使わないとなかなか治らないことも多いので、なかなか改善しない場合は小児科を受診するようにしましょう。
お風呂上がりなどに、おしりをクリームなどで保湿をすることもおむつかぶれの予防になります。

≪あなたのアトピーには何か、原因があるかも!?≫
アトピーが現れたら【アトピー度】診断でセルフチェック!

医師からのアドバイス

赤ちゃんの肌は大人に比べると弱く、特にオムツの中は、その環境によって荒れやすくなります。 ケアすることによってよくなっていくので、続く時は小児科も利用して、きれいなおしりを取り戻しましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス