立ち耳とは耳が前方に起きている状態のことをいいます。
正面からみると大きな耳が顔の横についているように見えるため気にされる方は意外に多いものです。
両耳とも起きている場合もあれば片側の耳だけが起きていることもあります。
立ち耳が原因で髪の毛で隠すために髪型まで気を遣うということもあります。
そのようなコンプレックスを解消する目的で立ち耳を手術によって改善することが可能です。

出典 http://www.mpg-abk.jp

なんで自分の耳は他の人と違うんだろう?

私の耳は機能面での問題なかったのですが、猿のような耳をしていました。芸能人でいえば中川翔子さんも立ち耳の部類に入ると思います。

学生時代は耳が原因でいじめられた事もあり、常に髪の毛を伸ばして隠していました。


このままでは生きていけない。手術をして治そう。

立ち耳が原因で自殺を考えた事もある程悩んでいました。

このまま一生悩み続けるのは嫌だ。手術をして治そう。
そう決意したのは18歳の時でした。

1ケ月程かけて様々な病院をまわる。

通常の整形外科であれば30万円前後の手術費。
当時の私には到底用意できる金額ではありませんでした。

そこでたまたま大学病院に相談に行ったところ

「高額医療費で払い戻しを受ける事ができますよ」

私にとっては天使のささやきに聞こえました。

この一言で私は大学病院での手術を決意します。

そして手術後の夜。激痛で夜通しもがき苦しむ

手術中は局部麻酔で痛みはなかったのですが、麻酔が切れた夜が地獄です。

あまりの激痛に涙を流し、夜通しもがき苦しみました。
「これも立ち耳を治す為の試練だ、頑張ろう」と自分に言い聞かせて痛みに耐えました。

そして翌日、自分の耳を確認してみると・・・

ふ、普通の耳になっている。すげえ・・・

感動しました。いわゆる普通の耳になっていたのです。

その後は極力耳を寝かせた状態にする為、ヘアバンドを着用していました。
あれから6年以上が経過しますが耳が立ち耳状態に戻ったり、痛みが発症したりといった事は一度もありません。

悩み続けるくらいなら、一歩踏み出してみよう。

私自身も立ち耳手術を施した経緯もあり、美容整形に対しても肯定派です。
手術を施して本当に良かったと思っています。短髪にもできるし、耳で悩む事もなくなりました。

良くも悪くもある程度の事はお金で解決できる世の中になりました。
今身体の事でコンプレックスを抱えている方は勇気を出して一歩踏み出してみるのも良いかもしれません。

この記事を書いたユーザー

コイ キング このユーザーの他の記事を見る

初めまして、コイキングと申します。
札幌から都会に憧れを抱き東京に上京。現在は不動産営業マンとして日々奮闘中です。
グルメ、インテリア、本、映画、社会問題、ニュースなど様々な話題を独自の目線でぶった切ります。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 社会問題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら