風俗にも色々と種類があります。 私は風俗の仕事をした事はありません。ただ、身近な人、たとえば自分の妻や子供が 働いていたとしたら、あなたはどうしますか?

ひと昔は、風俗と言えば一つしかなかったように思うのですが
今では、20歳以上の人もいれば違法に未成年でも働いていたりします。
もちろん、これは違法です。

今日、私が書く事は、成人した女性の話をしようと思います。

事情があって、訳があって。
風俗で働く女性の多さに本当に驚く今日この頃です。
若い女の子もそうですが、どこにでもいるような主婦の人や
子供が小さい、シングルの女性などの多さに驚いています。

昼間の一般的な事務のお仕事だけ、パートだけ。
究極な事を言えば、それでも生活はできるかもしれません。
ただ、子供を預ける保育園が無い、保育園代が高額すぎて払えない。
食べていく為に、風俗の仕事で昼間の数時間働くだけで
何とか、子供と食べていけるくらいの収入にはなるのです。

20代、30代、40代、50代、60代、70代

ちょっと驚きませんか?この年齢差。

風俗には、店舗のあるお店もあれば、店舗などはなく指定されたホテルや自宅へ
派遣されて直接行くというデリヘル、ホテヘルと呼ばれる女性達がいます。

店舗のある所は、その中で数人の女性達が待機しています。
お客さんから連絡があれば、大抵はお店から近いホテルへ行きます。
女性達が直接、自宅から駅でお客さんと待ち合わせをする事もあります。

お店側の人間からは、女性達には性的サービスを許可していますが
セック●はお客さんにも女性達にもダメと一応言います。
でも、中にはお客さんが強引に迫ってくる事もあり、女性の中には
拒否出来きれず、次回の指名に繋がる事や、力には勝てずという事もあります。
結局のところ、お店側としては避妊は自己責任(女性)になってしまうので、
「妊娠しました」となってしまったとしても、思い当たるお客さんがいたとしても、
お客さん側にそれを追求してくれるお店は無いと思っていいでしょう。
と、すると、女性が自分で避妊(ピル)を徹底する他ありません。

お客さんが指名してくれれば、まず一緒にホテルへ行くか別々にホテルへ直行する事も
あります。
そこで、イソジン(率直に言うと、どのくらいこんな物で殺菌効果があるのか?と考えるのが正解だと思います。)で、うがいなどをしてもらったりしますが、
口の中だけ消毒しても、シャワーを浴びたとしても、それは消毒ではありません。
相手がエイズだったら?消毒では済みません。
性病だったら?病院に行けば数日で治るのでしょうが、気持ちの良いものでは
ありませんし、店側としても定期検査を徹底していますとうたっているお店が殆どですが、実際は、、、、、?!という事を感じます。

子供の教育費、生活費の足しにという人も多くいる事でしょう。
中には、借金を返済する為にという人もいます。
夜に働くには、世間体や子供を一人にする事が心配と思う母親であれば昼間の数時間、
お店が提携している保育園を利用する事が出来る事があるので、そこを利用しないという
理由はありません。

20代の女性の中には、大学卒業後、奨学金を返済していく為にという人が異常に多く
います。
社会問題だと個人的に感じる事は、独身女性(離婚後の女性も含む)が、
一人で生きていく為の生活費として、風俗で働くという人が本当に多く、
景気が良く見える日本の中で、貧富の差がこんなにはっきりしているのに、
日本のに「貧」ついては、表に出てきません。観えてきません。この問題について、
私見ですが、日本の国の悪い面が率直に出ていると感じます。

つまり、日本人は本人も含めて身内の「恥」を表に出そうとしません。
「助けて」が公に出てこないのは、国民性では無いでしょうか??

子供を一人で育てる女性。
職が見つからず、風俗で働く以外、思いつかなかった女性。
精神的な闇を抱えている女性が風俗へ。

夫はいるけれど、夫に内緒で家計の足しに働く女性。

ただ、若い女性が風俗でバイト感覚で行く人が多いので
是非、実態を知ってほしいと思います。

もし、妊娠したら?
もし、性病にかかったら?
お客さんが、皆、性格の良い人ばかりではありません。

お店側が見るのは、お客さんが持参する免許証などの身分証明レベルです。

いわば、反社会的な人であっても、それでお客さんを判断出来るでしょうか?
余程、大きな事件を起こした人でなければ、過去に犯罪歴がある人かどうかも
わかりません。

リスクがどれほど大きいのか?という事を覚悟を持ってその世界へ入るのだと
いう事を立ち止まって考えてみて下さい。

もしも、録音、録画を隠れてされていたら?
正直、ホテルの中へ入ってしまえば手荷物点検をする訳では無いので、わかりません。
インターネット中に自分の裸の姿が流れる事を想像してみてください。
ぞっとしませんか?

目先のお金、生活費、人によって、理由は様々だとは思うのですが、
今日、食べるものが無い。
そのくらい、究極な事になっているのであれば、
リスクを負う事よりも、仕事を探して見つかるまでの間、
生活保護を受けてでも、生活を繋ぐという方法を薦めます。

生活保護を受ける事?「家族に連絡がいくじゃない!」
そう思うかもしれません。
でも、もしホテトル、デリヘルのバイトが発端で、何らかの事件沙汰になれば、
それどころでは済みません。
一生傷が残ります。

子供、親戚、親、友達、皆、失う事だって考えなくてはいけません。

特に若い女性には、将来、好きな人ができて結婚したいと思った時に、
過去に自分がどんな事に巻き込まれたのか?何よりも大きなリスク、
荷物を一生抱えていく事になります。

お金が無いと、正常な判断も出来ないくらいに焦ります。
一人で、抱え込んでしまい何とかしなくてはと思うでしょう。

風俗で働く事のリスクがどれ程、大きいか?

何も無く風俗でバイトしている人ばかりでは無いという事をどうか忘れないで下さい。
問題が発生してからでは、今よりも大きなリスクを抱え込んでしまいます。

お金は、人を狂わせてしまいます。

親には内緒でという女性達も多いと思います。
問題が起きたら、親、家族だけでは済まないという事を絶対に、忘れないで下さい。

この記事を書いたユーザー

ecoplace このユーザーの他の記事を見る

シングルペアレンツとして、子育ても終わり自分の時間をたっぷり持てるようになりました。
世界や世の中、社会で起きている事に敏感に反応するのは、DV生活から海外へ逃げた勇気が持てたからかもしれません。

ここには、私の幼少期から今に至るまでに経験したり観たり聴いたりした事を、
社会へのメッセージとして書き綴っていきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス