春から秋にかけて可愛い黄色い花を咲かせるタンポポ。英語ではダンデライオンと言いますが何故ライオンと名前がついたのでしょう。

ミスタードーナツでおなじみのポンデリングのイメージキャラ(ポンデライオン)はたてがみがお花のようです。パッと見た感じタンポポの黄色い花がたてがみを連想させます。

出典著者画

実はそうじゃなかった名前の由来

実はタンポポの花がライオンに似ているから、というのではないのです。
もともとの語源はフランス語のdent-de-lion。ダン-ド-リオンと言いダンとは英語で歯を意味するデント(テ)、つまり「ライオンの歯」という意味なのです。何処がライオンの歯なのかというと葉っぱのギザギザがライオンの歯に似ているからなのだそうです。

出典著者画

ライオンのたてがみにまつわる豆知識

ライオンの成獣の雄には立派なたてがみがありますが、このたてがみと同じ毛が体のあちこちに生えているのをご存知でしたか?個体差もありますが人と似たような場所に生えています。

出典著者画

ライオンも草を食べる

ライオンは肉食獣の代表。しかし時として草をむしゃむしゃ食べることがあります。

猫と同じでなにか悪いものを食べたり、胃の調子などが悪いときに草を食べて胃を刺激し吐き出すために食べます。ライオンなどの肉食獣は草を消化する酵素を持たないため吐き出さなかった時は草のまま便として排泄します。しかし時折空腹すぎるのか草が好きなのか理由は分かりませんが好んで食べる個体もいるようです。

ライオンは肉ばかり食べてビタミン不足にならないの?

安心してください。野生では大型草食動物を主な餌にしていますが一番のごちそうは内臓で、胃や腸には消化中の草などもあり、この中には色々なビタミンやミネラルがたくさん含まれています。しかし動物園の餌はどうなのでしょう。動物園にもよりますがおおむね、生の馬肉、鶏です。内臓を取り除いた鶏を丸のまま与えることでミネラルなどが補えるようです。もちろん鶏の頭も。馬の生肉は牛や豚に比べ低脂肪で低コレステロール、高タンパクで栄養価が高く各種ビタミンも豊富、したがって栄養不足にはならないのです。またライオンは食いちぎった肉を丸呑みにするので鶏の骨が胃などに突き刺さらないよう骨を細かく砕くそうです。
因みにライオンにも好き嫌いがあるとか、動物園ならではでしょうか。野生なら死活問題かもしれませんね。また体調管理をするために一週間に一度絶食の日があります。野生では4,5日に一度位しか食事が出来ないのが当たり前、そのためライオンの内臓を休ませるために絶食させます。

Licensed by gettyimages ®

イメージです。実際は閲覧注意的なので・・・

タンポポ豆知識

日本のタンポポには帰化植物のセイヨウタンポポ(花期は春から秋)。
在来種のエゾタンポポ、カントウタンポポ、カンサイタンポポ、シロバナタンポポ等(在来種の花期は春5月頃まで)。
日本には20種以上あります。多年生で生命力の強い植物。
人家近くのものはほとんどセイヨウタンポポです。

雑草と思われがちですが栄養価が高く、古くから根っこは乾燥させ漢方などにもなっています。


ダンデリオン(ダンデライオン)の効能・効果
ダンデリオン(ダンデライオン)の葉にはビタミンや鉄分、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、貧血を解消し、体内に溜まった毒素を排出してくれます。ダンデリオンにはカリウムも含まれており、多くの利尿剤と違って体内のカリウムを減らすことなく利尿作用を得ることができます。ダンデリオンのハーブティーは、むくみが気になる人におすすめです。また、このハーブには緩下作用があり、便通をよくして便秘を解消してくれます。消化促進にも効果があります。そのほかにも、ダンデリオンは強壮剤として、肝臓や胆のうの機能回復のために用いられます。★注意★胆道閉塞や重度の胆のう炎、腸閉塞の人は使用を避けてください。キク科アレルギーの人も使用に注意が必要です。

出典 http://an-herb.com

いろんな効能があるようです。

○ビタミンや鉄分、ミネラルなどの栄養素が豊富で、貧血解消、体内に溜まった毒素を排出
してくれる。
○カリウムも含まれており、体内のカリウムを減らすことなく利尿作用を得られる。
○緩下作用があり、便秘を解消。消化促進にも効果がある。強壮剤として、肝臓や胆のうの機能回復になる。
 
注意も必要のようです。

○胆道閉塞や重度の胆嚢炎、腸閉塞、キク科アレルギーの人は要注意のようです。

美味しい料理にもなります。

Licensed by gettyimages ®

タンポポの葉のサラダ

Licensed by gettyimages ®

タンポポのハーブティー

花をてんぷらにしたり葉を炒めたり花から根まで色々料理が楽しめます。
春に出る新芽が柔らかく食べやすい。苦みがあります。
薬になったりおかずになったりハーブティーにもなって万能な植物です。

動物園に行ったときや道端に咲くタンポポを見たら子供たちにちょっと教えてあげると、お父さん、お母さんの株も上がるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

平原さあ子 このユーザーの他の記事を見る

1児の主婦。アニメ大好き、潜伏中のイラストレーター。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス