1.乳児の死亡原因のトップ「窒息」あのとき目を離さなければ…

厚生労働省の平成24年の報告によると、乳児の死亡事故の原因の84%が「窒息」。息ができなくなってから5~6分で亡くなってしまう赤ちゃんも多いようです。

初めての出産。初めて抱いた我が子の重み。「これからは私がこの子を守ってあげなくては」と思っていたのに…。毎日、朝から晩まで起きては仮眠、起きては仮眠。初めての子育ては不安だらけ。ママもパパも気を張り詰めている状態です。パパとママで交代に子どもをみるようにしていても、急な会社からの呼び出しでパパが出かけてしまい、ママ一人で赤ちゃんをみることもありますよね。ふと気がついたら、我が子の顔が真っ青。息をしていない!

窒息の原因は、ミルクや離乳食の詰まりから布団に埋もれたまま寝返りがうてない状況までさまざまあります。なかには原因がわからない「窒息」も。

2.生後3ヶ月で窒息。生死の境をさまよった

加藤啓太さんは、生後3ヶ月のときに原因不明の窒息から心肺停止となり、医師からは「身体的に99%知的100%回復不可能」と言われました。ご両親が目を離したすきにということではなく、本当に原因不明の「窒息」。命はとりとめたものの、体のどこもほぼ動かすことができない状態。体もほぼ動かないことに加え、「知的100%回復不可能」という言葉もご両親を奈落の底へ突き落としました。

子どもがお腹の中にいるとき、この子は大きくなったらどんな仕事につくのかな、どんな性格の子かな、私に似るのか、それともお父さん似かなと楽しみにしているプレママも多いはず。そんな希望全てがその日から失われてしまったのです。

3.私たちが負けてはいられない!親だから

希望を打ち砕かれたご両親ですが、ただ落ち込むだけでは終わりませんでした。「この子が回復するものなら何でもやる!」と決断。啓太さんに世界で最も厳しい訓練「ドーマン」を受けさせることにしたのです。「ドーマン」とは毎日十数時間行われる訓練のこと。啓太さんも苦しいですが、苦しそうな我が子を見て、ご両親はどんなにか辛かったことでしょう。何度もやめさせようと思ったはずです。でも、1%の可能性を信じて10年間の訓練を続け、啓太さんに知的だけは取り戻させたのです。

4.障害者のスポーツ「ボッチャ」との出会い

知的だけは取り戻すことができた啓太さん。ただ、身体的には歩くこともできず、電動車椅子での生活のままとなりました。話すこともできないため、コミュニケーションはわずかに動く指先で、文字盤を指して行います。あるメディアの取材では「野球選手になりたかった。でも僕は歩くことができないから」と語っています。

しかし、中学2年生のある日、啓太さんに運命的な出会いがあります。それが、障害者スポーツ「ボッチャ」です。カーリングに似た競技で、頭から伸ばしたレールの上を的のボールに向かって転がし、自分のチームのボールが相手のボールより的に近ければ勝ちというものです。

ボッチャに集中する啓太さん

出典 https://readyfor.jp

啓太さんはみるみる「ボッチャ」の虜となり、高校1年生では、アジアフェスピックユース大会日本代表に。高校3年生では国内最高大会JAPANCUPでなんと初の優勝を飾りました。

そして、2012年。ロンドンパラリンピックに出場。

5.1%の可能性を信じれば夢は叶う

啓太さんは、これまでの人生を振り返り、
1%の可能性を信じれば夢は叶う」
と言っています。

言葉が話せなくても、足が動かなくても、医師に「99%無理だ」と言われても、あきらめなかった啓太さん。ご両親のたゆまぬ努力と強い心。今では友達に囲まれ、恋人を愛し、パラリンピックの選手にもなっています。

啓太さんは同じように自分を信じられない人、苦境にある人に自分の姿を見て欲しいと言います。
僕もふんばるから、一緒にがんばろう。

6. 僕に東京のパラリンピックで「ボッチャ」できるチャンスをください

ボッチャをする喜びでいっぱいの加藤啓太さん

出典 https://readyfor.jp

「ボッチャ」を行うには、毎回啓太さん以外にヘルパーさんと介助者の3名が必要になってきます。競技を続けるにはこれらの費用がかかってしまいます。啓太さんは今回も1%の可能性を信じて、クラウドファンディングサービスREADYFORで東京パラリンピック出場のための資金を募集しています。詳細は下記URLをごらんください。

7. 99%ダメでもあと1%がある

事故当時は、今後ほとんど植物状態と言われた啓太さん。
「窒息」というどの赤ちゃんにも起こりうる事故の障害を乗り越えて、強い心で耐え抜いたご両親。
99%はどうしてもダメでも、1%は変えることができる!と証明してくれています。
加藤啓太さんの東京オリンピックへの夢、応援したいですね!

この記事を書いたユーザー

Readyfor このユーザーの他の記事を見る

日本最初・最大のクラウドファンディングサービスです。いろいろな想いのあふれるプロジェクトがたくさんあります。感動体験、お得情報をお知らせできればと思っています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら